ローヤルゼリーは公正マーク(認証マーク)を重視して選ぶ?

ローヤルゼリーには、公正マーク(認証マーク)があるのをご存知でしょうか?ローヤルゼリーの品質は様々ですが、全国ローヤルゼリー公正取引協議会の公正マークがあるかないかで安心して使用できるかどうかの判断がしやすいと考えられます。
ローヤルゼリーを生活に取り入れようと思っていらっしゃるのであれば、知っておくと良いでしょう。

公正マーク(認証マーク)とは

ローヤルゼリーの公正マークとは、国が定めた機関ではないものの、国の行政機関である公正取引委員会だけでなく、消費者庁からの指導を受けていいる「全国ローヤルゼリー公正取引協議会」の定める認証マークです。
全国ローヤルゼリー公正取引協議会の公正マークは、審査を毎年行い更新しています。そのため、一度公正マークを得ることができても、継続して品質管理を行わなければ次の公正マーク得られない可能性があるのです。
消費者の安全を守るためのものともいえますし、おすすめできる製品ということを公表できることはメーカー側にとっても、効果的かつ重要なこととも言えるでしょう。

厳しい審査

審査は、市販されている製品の試買検査、製品を扱う工場への立ち入りなどを行い、随時厳しく審査がされていると言われています。
この公正マークは、全国ローヤルゼリー公正取引協議会の会員にのみ審査を受ける資格があり、審査をクリアした製品にのみ貼布されるものです。

品質基準

審査には、厳しい品質基準が設けられ、その基準に適合されるかどうかや表示成分に誤りがないか、安全性や衛生面についてチェックされています。
成分の基準としては、水分量、粗蛋白、デセン酸、酸度、一般生菌数、大腸菌類などが含まれます。
もちろん、製品に関する不当表示、過大包装ではないかも審査の一部です。実際よりも優れていると言うような表現や、原産国や原産地を誤解されるような表現は禁止されています。

工場の衛生・加工状況

工場の立入検査により、設備や作業員の衛生面、加工についての問題点がないかなども審査の基準に入っています。これらの基準があることは、公正マークがある商品を安心して使用することが出来るかどうかの基準にもなるでしょう。

違反した場合への対処

違反行為が合った場合には、その行為を排除するための警告や指導が行われます。警告に従わなかった場合には、50万円以下の違反金を課すこともあると言われています。また、違反を未然に防ぐようにシステム作りをし、ローヤルゼリーの業界の全体を向上させることに努めているということです。

特有成分デセン酸

ローヤルゼリーの大切な成分は、デセン酸と言っても良いでしょう。公正マークを与えられるための基準の中にもデセン酸が含まれています。この量は、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーで基準が異なりますが、設けられた基準値を満たしていなければローヤルゼリー公正マークを得ることができません。
この事から、デセン酸の含有量はローヤルゼリーの効果と密接に関係していると考えられますし、デセン酸の量が多ければ効果も高いということにもなるでしょう。
公正マークのある製品には、最低量であってもしっかりとデセン酸が含まれているということですから、安心と言えます。
もう一つのローヤルゼリー製品を選ぶ基準としては、デセン酸の含有量が記載されているかどうか、またその量がどの程度かも気にしてみると良いのではないでしょうか。

公正マーク(認証マーク)はローヤルゼリーを選ぶ基準にもなる

ローヤルゼリーの製品選びは、簡単にしてはいけないと考えられます。その製品が本当に効果的かどうかは、成分や安全性により差がでる可能性があるからです。
このような公正マークが設けられている理由として考えられるのは、ローヤルゼリーの品質の差が大きいことや、添加物の有無、粗悪品が出回る可能性の高さがあるでしょう。また、ローヤルゼリーの品質による効果の差が大きいことを裏付けているとも言えます。自分で確かめなくても品質を保証してくれているのは魅力的でもあるでしょう。
公正マークのあるローヤルゼリーは、自社だけではなく他の機関からも常々厳しくチェックされているため安全と考えられますし、品質を保証されていると考えられるため、選びやすいと言えます。

公正マークの偽物にも注意

ここでご紹介した公正マークは「社団法人 全国ローヤルゼリー公正取引協議会」のものについてです。公正マーク付きと言われ、出回っているものでも、その公正マークがどこのものかをしっかりと確認してから購入する必要があるでしょう。公正マークがあるからといって、すぐに安心して購入しないように気をつけましょう。
赤い丸の中に金色で(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会と書いてあるかどうか、チェックしてみましょう。

公正マークがなければ粗悪品?

公正マークのない製品は全て粗悪品という訳ではなく、高品質のものは存在します。
特に、情報公開をしているメーカーで確認ができれば、公正マークの有無に関係なく、選ぶ基準としても良いとも考えられるでしょう。

Copyright (C) 2017 蜜蜂の健康パワー All Rights Reserved.

このページの先頭へ