はちみつの効果

「はちみつ」と言えば、どのようなイメージでしょうか?

お菓子や料理に使っている方も多いかもしれません。甘くて美味しいですよね。

そんなはちみつには、健康や美容など様々な効果効能があり、注目されているのをご存知でしょうか?

美味しいだけでなく、身体にも良いはちみつ。どうしてはちみつが良いのでしょうか?知らないはちみつの魅力が分かるかもしれませんよ。はちみつについてご紹介します。

はちみつとは

はちみつは、蜂が運んでくるものというのはご存知だとは思いますが、そもそもはちみつってどんなものなのでしょうか?

はちみつができるまで

はちみつが出来るまで

はちみちは、「ミツバチ」が花の蜜を採取して、巣の中で加工し貯蔵したものです。

はちみつは単純に花の蜜が集まっているものと考えられがちですが、ミツバチによって加工されているので、花の蜜とはちみつは性質に違いがあります。

ミツバチは巣の中で口器を使って、花の蜜を加工します。その時にミツバチの唾液に含まれる酵素によって、ショ糖液(スクロース)がブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)に分解されています。

そして、水分も発散させるので、糖度は80%前後に上昇します。こうしてできたはちみつは、巣にいるハチや幼虫の食事になります。

カロリー

はちみつのカロリーは100gあたり、約294kcalです。白砂糖が約384kcalですので、低カロリーと言えます。

しかも、甘さは約1.3倍に感じるので、低カロリーなのに、甘みを多く感じるという特徴があります。

糖質

最初に取り上げていますが、はちみつの糖質はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が主成分です。

普通の砂糖はショ糖(スクロース)のみなので、同じ甘味料として使用するにしても、糖質の種類に違いがあるのです。

はちみつの種類

日本で売られているはちみつは、一般的にはレンゲ、アカシアなどが多く見られます。

しかし、花の種類によって、はちみつの香りや味わい、色も変わってきます。ミツバチが好む花は、4000種類以上あると言われているので、それだけはちみつの種類もたくさんあるのです。

はちみつの歴史

日本で記録として残っている最古のものは、「日本書記」になります。「はちみつの歴史は人類の歴史」ということわざがイギリスにあるように、私達人間は古くからはちみつを生活の中に取り入れてきたのです。

日本では、明治時代に養蜂に適した西洋ミツバチが輸入されたことで、一般庶民にも普及する食べ物になりました。

はちみつの栄養素

はちみつの栄養素

はちみつには、糖質以外にも豊富に栄養素が含まれています。「天然の健康食品」「パワーフード」と言えます。次のような栄養素がはちみつには含まれています。

  • 有機酸(グルコン酸)
  • 酵素
  • ビタミン類
  • ミネラル類
  • アミノ酸
  • ポリフェノール

はちみつの効果・効能

はちみつの効果・効能

はちみつは、甘くて美味しいだけでなく、栄養成分が豊富に含まれているので、健康や美容に様々な効果が見られるのです。どのようなものがあるのでしょうか?

呼吸器系に良い(喉に良い、風邪予防)

喉にはちみつが良いというのは、良く聞いたことがあるかもしれません。それは、はちみつの殺菌作用や、保湿効果によるものです。はちみつをゆっくりと喉に付けるように飲み込む、はちみつを溶かした水でうがいをするなどをすると、喉の傷みが治まったり、せきが止まったりするような効果があります。

風邪は、ウイルスが鼻や喉などの呼吸器系から感染して炎症を起こす症状のこと。はちみつは喉や鼻などの呼吸器系に働きかけてくれるので、風邪予防にもなるのです。

肝臓強壮作用

はちみつには、肝臓を強くするという作用があります。はちみつに含まれている「コリン」という栄養成分は、肝臓の毒素やアルコールを分解する働きがあるのです。そして、肝臓に脂肪が溜まるのを防いで、脂肪肝になるのも防いでくれます。コリンは、ビタミンB群の一種です。

お酒をたくさん飲む人は、はちみつを食べておくと良いですよ。二日酔いの時もはちみつを取ると、回復が早くなることもあるでしょう。

美容効果

はちみつには、活性酸素を除去して、細胞の老化を防いでくれる働きがあります。よって、アンチエイジングにつながります。また、ビタミン類も多くふくまれているので、肌の代謝を促進してくれ、潤いのある若々しい肌を維持しやすくなります。

そして、はちみつには保湿作用があることが分かっています。化粧品にもはちみつを使用したものが多く販売されています。一般的な保湿剤である「グリセリン」と同じくらいの水分を保つ作用があるのです。

ダイエット効果

ダイエットには甘い物は大敵だと思われますよね。しかしそれは砂糖の話。はちみつは白砂糖に比べると低カロリーですし、甘みを多く感じられます。よって、使う量が少なくてすむのです。

また、はちみつは血糖値が急上昇することがないので、脂肪が付きにくくなります。よって、はちみつを使うことでダイエット効果が上がりやすくなるのです。

加えて、身体の水分調整を行ってくれるミネラルであるカリウムもはちみつには含まれているので、身体のむくみの解消にもなります。むくみは蓄積すると、脂肪に変わりやすくなってしまいますし、むくみで見た目が太って見えてしまいます。むくみ解消はダイエットには欠かせないのです。

便秘の解消

はちみつにはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸の中の善玉菌のえさとなって、腸内環境を整える作用があります。便秘が解消すると、ダイエットや美容効果にもつながります。

生活習慣病予防

はちみつに含まれているコリンは、血液をサラサラにしたり、血管への悪玉コレステロールの付着を防いだりする働きがあります。血流が良いと、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの病気を防ぐことができます。

また、カリウムもはちみつには含まれていて、身体の余分な塩分を排出し、血圧を安定させてくれるので、高血圧の予防にもなります。

疲労回復

はちみつはブドウ糖が多く含まれているので、エネルギーに変換しやすいのです。身体への吸収が早いので、疲れた時やぼーっとする時に食べると、シャキッと元気になれますよ。スポーツの後の疲れた身体にも効果的です。

傷の回復を早める

はちみつに含まれているグルコン酸という有機酸には、強い殺菌作用があり、傷の回復を早めてくれる作用があります。少しの傷や火傷などであれば、はちみつを塗ると治りやすくなるのです。

虫歯や歯周病予防

はちみつには強い殺菌作用があるので、虫歯や歯周病予防にも効果的です。はちみつを溶かした水でうがいをしたり、はちみつを直接歯に付けて歯磨きをしたりすると良いのです。口内炎にも効果的ですよ。中でもぺパーミント、ユーカリなどから摂れるはちみつに効果が高いことが分かっています。

認知症予防

最近では、はちみつが認知症予防に効果があるという実験結果が報告されてきています。それは、はちみつに含まれている、抗酸化物質が脳機能を向上させて、記憶力低下を防いでいると考えられています。はちみつによってこれからの高齢化社会への対策ができますね。

注目のマヌカハニー

マヌカハニー

はちみつの種類の中で、注目をされている「マヌカハニー」をご存知でしょうか?マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生している「マヌカ木」の花の蜜から採取されるはちみつです。

通常のはちみつよりも殺菌力、抗菌力が高いことで知られるようになりました。それはマヌカハニーに多く含まれている「メチルグリオキサール」という成分のためです。次のような効果があると言われています。

マヌカハニーの効果

  • 風邪やインフルエンザの予防
  • 花粉症予防
  • がん予防
  • ピロリ菌や大腸菌も殺菌する高い整腸作用
  • 虫歯や歯周病予防
  • 切り傷や火傷の回復を早める
  • 喉の痛み、せきへの効果

品質の高いマヌカハニーには、抗菌濃度を表記した「UMF」または「MGO」という数値が表記されています。マヌカハニーの効果を期待するのであれば、UMFは10以上、MGOは236以上が望ましいので確認をするようにしましょう。

はちみつの食べ方

はちみつの食べ方

はちみつが身体に良いことは分かりました。では、「どのように食べるのが良いのだろうか」と思いますよね。カロリーが低くて、ダイエットに効果的といっても、食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。

1日にスプーン数杯程度で良いのです。できるだけ空腹の時に食べる方がはちみつの栄養素をしっかり吸収できるでしょう。スプーン1杯10g程度を1日に3回にわけて食べるのがおすすめです。

熱に弱いので、料理で煮込みすぎると栄養を失ってしまうので、できるだけそのままのはちみつを食べる方が良いでしょう。そのままでも、ヨーグルトやパンにかけたりと、いろいろな食べ方を楽しめますよ。

はちみつの美容法

はちみつパックは美容にいい

はちみつは、毎日のスキンケアにも取り入れることができます。保湿効果や殺菌作用があるので、肌に潤いを与えて、美肌が期待できるのです。簡単にできるので試してみてはいかがでしょうか?

はちみつパック

はちみつパックは、洗顔後の肌にはちみつを塗ってパックをするだけです。しっかりと水気を拭き取って、大さじ1杯くらいのはちみつを顔全体に塗ります。5分ほど放置して、しっかりと洗い流しましょう。しっとりと潤いのある肌になれます。

乾いてしまうと取れにくくなるので、放置する時には、上からラップをしたり、入浴中にしたりして、乾燥しないようにしておきます。

はちみつ洗顔

いつも使っている洗顔料に、はちみつを加えるという方法がはちみつ洗顔です。しっかりと泡立てた洗顔料にティースプーン1杯分のはちみつを加えて、洗顔を行うだけです。保湿力があがりますし、汚れがきれいに落としやすくなるのです。つるつるでもちもちの肌になります。

スキンケアにはちみつを取り入れる時の注意点

はちみつは、「純粋なはちみつ」を選ぶようにします。市販のはちみつには添加物が含まれている場合があるので、表示の確認をしましょう。また、はちみつはいろいろな栄養成分が豊富に含まれているので、肌へのアレルギーの心配も出てきます。アレルギーがある人、肌が弱い人は特にパッチテストを行うようにしましょう。

はちみつダイエット法

はちみつはダイエットだけでなく睡眠の質も上がる

「はちみつダイエット」と言われるように、はちみつを取り入れたダイエット方法もあります。上でもあげましたが、はちみつは低カロリーで、血糖値の急上昇を抑える効果があるので、ダイエットに適した食材です。

加えて、寝る前にはちみつを摂取する「寝る前はちみつダイエット」という方法も効果的と言われています。それは、睡眠の質が良くなり、成長ホルモンの分泌が促進されることにあります。そうなることで、脂肪燃焼しやすくなるのです。

スプーン1杯程度のはちみつを、寝る1時間くらい前に摂取しましょう。そして、夜の食事は炭水化物を減らして、寝る3~4時間前には食事を済ませて何も食べないようにしておくのが効果的です。

おすすめの国産はちみつ

国産のはちみつも多くの種類が販売されています。人気でおすすめの国産はちみつをご紹介します。

かの蜂 国産百花蜂蜜

百花蜂蜜とは、レンゲや菜の花など、国内のいろいろな花から採取されているはちみつです。香りが良くうま味もあり、まろやかですっきりとした味わいがあります。花々の美味しさがつまった濃厚なはちみつです。

かの蜂は、はちみつ一筋57年の鹿野瑞穂さんによってこだわって作られています。完熟したはちみつを一切加工していないので、栄養をそのまま摂取することができます。はちみつファンには人気のメーカーです。価格は500gで2,160円(税込)です。

小林養蜂園 国産アカシアはちみつ

国産 アカシアはちみつ 1kg 群馬県沼田市産

国産 アカシアはちみつ 1kg 群馬県沼田市産

4,300円(07/15 15:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

小林養蜂園は、群馬県沼田市にあります。国産アカシアはちみつは、100%天然のアカシアから取ったはちみつです。群馬県はアカシアが多く、品質も良いアカシアはちみつができるのです。群馬県で手作業で丁寧に採取したはちみつを、加工せずに瓶に詰めており、栄養素をたっぷりと摂ることができます。

アカシアのはちみつは結晶化しにくいという特徴があるので、冬でも使いやすくて便利です。クセがなくさっぱりとした上品な味なので、はちみつが苦手という人でも食べやすいでしょう。価格は500gで1,900円(税込)です。

おすすめのマヌカハニー

今人気になっているマヌカハニー。しかし、低品質で粗悪なものが多く出回っているという現実があります。高価なものも多いのですが、高品質なマヌカハニーでなければ、効果が期待できません。おすすめのマヌカハニーをご紹介します。

マヌカヘルス社 マヌカハニー

マヌカハニーの中でも有名で知名度が高いのが、マヌカヘルス社です。メチルグリオキサールの数値であるMGOがきちんと表示されていて、数値によって価格も変わってきます。抗生物質や農薬も不使用、厳正な品質管理をしている安心感のある信頼できるマヌカハニーなのです。

そして、味もキャラメルのようなクリーミーな味で美味しいことも人気の理由です。MGOの数値によって、効果の高さが変わってきます。栄養補給がしたいくらいであれば、低い数値のもので良いですが、病気の改善などを望むような時には、高い数値のものを選ぶようにしましょう。価格は250gで2,808円~11,772円(税込)です。

ハニーマザー マヌカハニー

ハニーマザーのマヌカハニーはグレードがUMFで表記されています。ニュージーランドUMFマヌカハニー協会の認定を受けていて、抗菌活性力が認められていて安心安全です。数値は4段階に分かれてあり、数値が大きいものほど、抗菌力が高くなるのです。

天然純粋で非加熱、オーガニック、抗生物質不使用である証明もされています。味はなめらかでクセのない、キャラメルのような味がして美味しいと人気です。価格は250gで2,700円~7,900円(税込)です

はちみつの選ぶポイント

はちみつの選び方

はちみつにはいろいろな種類があります。何を基準に選べばよいのでしょうか?

純粋なはちみつ

はちみつは砂糖を加えられている「加糖はちみつ」も売られています。そういったタイプのはちみつは、はちみつ本来の効果効能が見られません。価格が安いものは、加糖タイプのものが多くなります。

また、「精製はちみつ」といって、人工的に加熱して水分を飛ばして作っているはちみつになります。熱を加えていると中に入っている栄養素が壊れてしまい、本来の効果が期待できません。

表示をしっかりと確かめて購入するようにしましょう。純粋なはちみつには、「全国はちみつ公正取引委員会」のマークがついています。

生のはちみつが効果的

はちみつは10℃の熱を加えると10%栄養素が壊れると言われています。ですので、熱処理を行われていないものが理想的です。通常のはちみつは、遠心分離機で巣を回して集めます。そうすると、中にミツバチやハチの子なども混入してしまいます。

それを殺菌するために加熱をすることになるのです。加熱をしない生のはちみつは手作業による回収をするようになるので手間はかかります。ただ、ビタミンや酵素などの栄養素が豊富に含まれるので、普通のはちみつよりも効果が高くパワフルなのです。

国産か外国産か

はちみつは国産のもの、外国産のものと販売されています。中国産のものは安くて買いやすいのですが、品質が低いと言われています。純粋となっていても、ミツバチに花の蜜ではなく、砂糖水を与えて作られているはちみつもあるとのことです。

国産のものが一番安心でおすすめできます。また、養蜂が盛んなニュージーランドやヨーロッパ産のものは、基準が厳しいのでおすすめです。産地もチェックするようにしましょう。

はちみつの注意点

いろいろな効果効能が期待できるはちみつ。しかし、注意することもあるのです。

赤ちゃん・乳児には与えない

赤ちゃんに蜂蜜はNG

はちみつは1歳未満の赤ちゃん・乳児には食べさせてはいけません。それは、はちみつにボツリヌス菌が含まれているからです。赤ちゃん・乳児は、まだ腸が発達していないので、腸内でボツリヌス菌が出す毒素に耐えられないのです。

まれに死亡してしまう例もあるので、離乳食にはちみつを使用することは絶対にしないで下さい。

食べ過ぎない

はちみつは栄養素が高く、低カロリーと言われていますが、食べすぎはやはり禁物です。たくさん食べてしまえば、その分カロリーオーバーになってしまいます。また、一度に大量に食べすぎると、身体に負担になってしまうこともあり、腹痛や吐き気などの症状が出る場合があります。

アレルギーに注意

蜂蜜のアレルギーに要注意

はちみつはいろいろな種類の花の蜜から採取されています。中にはアレルゲンとして強い反応が現れることがある「そば」のはちみつもあります。食物アレルギーをもっている人は、アレルゲンとなる植物の花ではないか、原料を確認するようにしましょう。

結晶化する

はちみつが白く固まってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか?それは、ブドウ糖(グルコース)の性質によるものです。5℃~14℃弱で結晶化しやすくなるので、冬になると固まってしまうということがあるでしょう。

ブドウ糖が多く含まれているはちみつほど結晶化しやすくなります。加熱することで結晶は溶けますが、加熱のしすぎは注意しましょう。色が濃くなったり、風味が変化してしまったりすることがあります。40~60度くらいのお湯で湯煎にかけてみましょう。

はちみつで健康になろう

はちみつの効果効能にはたくさんのものがあり、知らなかったものもあるのではないでしょうか?今注目されている、マヌカハニーには、病気予防や改善にもなるという強い抗菌力や殺菌力があるというのです。

栄養豊富で、多くの健康効果のあるはちみつ。1日にスプーン3杯を取り入れるだけでよいので、簡単に取り入れられそうです。

ただし、選ぶ時には注意も必要です。純粋なはちみつばかりが売られているわけではありません。極端に安いと品質が低いものがあるので、しっかりと産地や原料の表示を確認するようにしましょう。

自然の恵みであるはちみつ。健康にも美容にも様々に役立ってくれるので、これからの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?