のどが痛い、イガイガする等、のどの違和感から風邪へと進行する場合が多く見受けられ、のど、鼻の症状に加え発熱や頭痛、腹痛を伴うことがあります。

空気が乾燥しやすい冬の季節や、夏・冬のエアコンの効いた室内と外気との激しい温度差により体力を消耗して免疫力も低下し、更に室内の乾燥に伴い皮膚・粘膜も乾燥するため、喉・鼻・目の粘膜を通じて細菌やウイルスが侵入しやすくなります。

従って温度や湿度の環境を考慮し、うがい、手洗いを習慣化し、風邪やその他の感染症から身を守ることが大切です。

プロポリスには抗菌・抗ウイルス、抗炎症作用等、全身の健康維持に役立つ様々な成分が含まれ、風邪をはじめとする感染症の原因のウイルスから保護する働きがあります。
ここではプロポリスと風邪との関係性について詳しく見て行きましょう。

風邪とは

風邪は総合的に感冒と呼ばれる病気で、実際には数種類にも及び、特にウイルス性の風邪が大半を占めています。

空気が乾燥すると、粘膜の潤いが不足した状態から白血球の働きが低下し、全身の免疫力が低下して風邪や感染症等の病気にかかりやすくなってしまいます。

主に鼻、咳、のどが腫れて痛む、加えて発熱や腹痛を伴う種類の風邪が一般的です。

主にウイルス性、風邪の原因

原因の多くはウイルスや、寒暖の差、睡眠不足や疲労等による免疫力の低下です。
発症には、うがい・手洗い等の予防策の実行や、体力、体質の個人差も関係するため、条件が同じでも発症しない方もいます。

一般的な症状はのどや鼻等から声帯周辺の気道に炎症を起こすケースが多く見られますが、状態が悪化した場合、気管支炎や肺炎へと進行してしまうため、早めの対処が大切です。心身のストレスを避け、休養を取り、安静にする、発熱や痛みがある時は病院に行く等の早期対応により、症状の深刻化を回避出来ます。

主な風邪ウイルスの種類

小さな子どもを中心に流行するのは細菌が原因となる溶連菌、マイコプラズマ等、他にはライノウイルス、アデノウィルス、コロナウイルス、ロタウイルス等が一般的な風邪のウイルスです。

特に幼児や子どもを中心に感染する病気は感染力が強く、家族や所属の保育園や幼稚園、小学校で感染する割合も高くなっています。

乳幼児は風邪に伴う、ひきつけ、けいれんにも注意

乳・幼児の場合は風邪でも、ひきつけやけいれんを起こすことがあり、熱性けいれん、髄膜炎、脳炎等が疑われます。

乳幼児は免疫力も低く、高熱や様々な病気が、大きな病気に影響する場合もあり、日頃から保護者による観察と病気予防等が重要です。
※蜂蜜、プロポリス、ローヤルゼリーは、乳児ボツリヌス菌に感染する恐れがあるため、1歳未満の乳児に与えることは控えて下さい。

風邪に有益なプロポリスの成分

プロポリスは樹脂や植物の新芽等を素材としてミツバチが自らの体内で素材を合成して、分泌する天然成分です。

新芽には成長する時に成長ホルモンが分泌され、栄養と共にパワーが凝縮されていて、樹脂には樹木の傷口から細菌やウイルスの侵入を防ぐために抗菌・抗ウイルス作用、抗酸化作用、抗炎症作用があります。
同様に人間に対しても上記の作用が期待されています。

プロポリスの成分

主成分

プロポリスの主な成分はアルテピリンC,ρークマル酸、フラボノイド、クロロゲン酸、4-カフェオイルキナ酸、テルペノイド等で、主成分はポリフェノールの一種であるフラボノイドです。

フラボノイドはリラックスさせる働きがあるので、風邪で辛い時には安らぎを与え、心身の休養と安静に役立ちます。更に鎮痛や解熱、利尿作用があり、症状を和らげ、健康に向けて体内を整える働きもします。

ミネラル類

プロポリスに含まれているミネラル類はマグネシウム、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅等です。

特に亜鉛は皮膚や粘膜を健康な状態に保つために役立つミネラルで、プロポリスの抗菌・抗ウイルス、抗炎症作用等と共に風邪に有益な働きをします。

ビタミン類

プロポリスにはビタミンB群のB1、B2、ビタミンE、葉酸、ナイアシン等が含まれ、特にビタミンB群は皮膚や粘膜、免疫力や体力を健康な状態に戻す働きがあります。

プロポリスの風邪で弱った粘膜を強化し、十分な栄養と免疫力を高める働きが、風邪や感染症による体調不良を整えます。

風邪を引いた時に感じるプロポリスの優れた点

プロポリスには風邪等で弱った体を保護し、心身を健康な状態に戻す働きがあります。

風邪かな?と感じる、引き始め

のどが痛い、のどの調子が悪い場合は風邪の初期症状かもしれません。

早期にのどや鼻等の粘膜を潤し、うがいや手洗い、消毒をして、更にプロポリスをのどや口内にスプレーするとプロポリスの抗菌・抗ウイルス作用、抗炎症作用が、患部の炎症を抑制出来ます。
免疫力を高めて、風邪のウイルスに負けないために抵抗力をつけましょう。

風邪を引いてしまった場合

風邪を引いて発熱した場合は、水分を摂ってゆっくり休養することが大切です。

プロポリスは傷ついた細胞や体内を修復する働きがあり、更に解熱作用、鎮静作用、免疫力を高める働きがあり、弱った全身を健康な状態に戻します。

ここまでプロポリスと風邪との関係について見て来ました。
風邪はウイルスによる感染が大半なので、プロポリスの成分を活用して、体力や免疫力と病気で弱った体を健康な状態に回復することが出来ます。