プロポリスは、本来ミツバチが自分たちの巣を守るために作り出す自然由来の分泌物で、人間にも有益な成分を多く含んでいることから、古代エジプト時代には遺体をミイラ化する際の防腐剤として、また古代ギリシャ時代には傷の手当や感染症対策に利用されて来ました。
現代ではじっくりと全身に働きかける健康食品として話題を集めています。

さてプロポリスをより有益に活用するには、どのように飲むと良いのでしょうか?

ここではプロポリスの飲み方や飲むタイミングについて詳しく見て行きましょう。

プロポリスについて

プロポリスは天然成分で、主として植物の新芽や樹脂、更にミツバチの蜜蝋や酵素等の体内成分が合成された結果、生成される粘着性の物質です。

プロポリスは全身を健康に維持するために役立つ健康食品の1つであり、即効性やピンポイントで有益な物質とは言えません。しかし原料が自然の素材のみであることから、副作用も特になく、体に負担をかけずに比較的安心して摂取出来る健康食品だと考えられています。

ミツバチと植物等の自然の知恵が詰まったプロポリスは、栄養も豊富に含まれていてじっくり心身を健康に維持する際に役立つ食品です。

アレルギー体質等、プロポリス摂取に関する注意点

プロポリスを摂取の際、特に喘息や蜂アレルギーの方やアレルギー体質の方は注意が必要です。アレルギー反応が出た場合、命の危険に直面するアナフィラキシーショックに陥るケースもありますので、必ず医師の許可を得てから摂取することが大切です。
 
一方アトピー等で悩んでいる方で、プロポリスの成分が浸透し、肌の状態がきれいになったと言う方もいます。いずれにしても、医師に相談した上で、最初はほんの少しの量で試してから、徐々に量を増やす等、体調や体質に合わせて反応を確認しながら利用すると良いでしょう。
 

プロポリスの種類

プロポリスは高品質で知られるグリーンプロポリスやレッドプロポリス等、様々な種類の総称として使われています。
ブラジル産のグリーンプロポリスは特に高品質で、通常のプロポリスより有益成分が多く含まれています。

飲み方色々、プロポリスの製品形態

プロポリスは販売元の企業によって形態が異なります。
例えばカプセルタイプや錠剤タイプに加えて、粉状のタイプは全身の健康維持に、のどや口内に直接垂らすスプレータイプは風邪や感染症対策、ピンポイントで体調の修復に向いています。

カプセルタイプ

プロポリスの独特の風味をカプセルで閉じ込めてあるので、ニオイ等を気にせずに、飲み込めます。

顆粒タイプ

カプセルや粒タイプが飲みづらいと感じている方や苦手な方、水や乳製品、蜂蜜等とミックスさせて飲みたい方に向いています。
1回分ごとの飲みきりタイプは、空気に触れにくいので酸化を防いで、品質を損なうことなく保存できます。持ち運びしやすいため、会社や旅行先などで飲む場合に便利です。

スプレータイプ

のどの痛みや、違和感、口内炎がある場合、直接スプレーすることで、細菌やウイルスに対する抵抗力が作用して、口内の状態を健康に維持する働きがあります。
 
感染症対策として、プロポリスに加えてうがいも実行し、常に粘膜を潤わせた状態にしておくと免疫力の低下を防ぎ、健康状態を保つことが可能になります。

熱に注意、プロポリスの飲み方

プロポリスの成分の中には酵素をはじめとして熱に弱い成分が含まれていますので、有益に摂取するには、注意が必要です。
約50度以上の熱で、プロポリスの成分が破壊、変化してしまうため、40度程度の温度の飲み物と混ぜて摂取すると良いでしょう。

蜂蜜やヨーグルトと混ぜて、タイプ別にプロポリスを飲みやすく

プロポリスは製品にもよりますが、あらかじめなるべく飲みやすくするための工夫がしてあります。そのため特に風味が気にならない場合は水と一緒に飲む方法が一般的です。

水と一緒に飲む場合

最初にプロポリスを付属のスポイトや、計量器具で計測します。初めての方はスポイトで数滴~5滴程度を使い捨て出来るカップ等に入れます。その後、好みで適量の水、約100ml程度に混ぜて飲みます。
更にお好みで蜂蜜等をミックスさせて飲むと蜂蜜との相乗効果もあってより身体に浸透しやすいようです。
製品によって風味が気になる場合、牛乳やヨーグルト等の乳製品と合わせると特に抵抗なく摂取出来ます。

プロポリスを飲む時のタイミング

プロポリスの液そのものは刺激が強く、慣れないうちに大量に摂取するのはキツイと感じる場合があるでしょう。そのため自分に合ったタイプのプロポリス製品を選ぶことも大切で、顆粒やカプセル、スプレータイプ等を使い分けると、プロポリスと長く付き合っていけるでしょう。

個人差や体調にもよりますので、一度に大量摂取することは避けて、1日の中でも摂取回数や摂取量を決めて、体調に合わせて飲むと有益です。

摂取のタイミング…胃液に弱いプロポリス

空腹時に飲むと効果が得られると言う方や、食後に飲むと良いと言う方がいます。
空腹時の摂取は胃腸が休んでいる状態なので、体に吸収されやすくなり有益です。

一方食後の摂取は胃の中でプロポリス以外の消化物と一緒になり、多くの消化酵素等が胃に集中していますので、プロポリスの成分が更に有益に活用される可能性が高くなります。
ご自分の1日の予定や体調を考慮して1日の中で数回に分けて摂取すると良いでしょう。

ここまでプロポリスの飲み方や飲むタイミングについて見て来ました。
プロポリスと言っても様々な製品が販売されていますので、購入前にはプロポリスの産地、含まれている成分、販売している企業等、十分に確認することも大切です。
プロポリスはミツバチの行動範囲により、成分が異なりますので、産地や起源植物についてチェックするのもお忘れなく。

ご自分の体調に合ったプロポリスを選び、摂取し長く付き合うことで、よりプロポリスの良さを体感できるのではないでしょうか。