食べ物や飲み物を口に入れた時に沁みて痛みを感じる口内炎、食事の度に痛み、尚且つ完全治癒までには時間がかかるため、しばらく痛みが続き辛い症状です。

痛みにより食欲不振や、患部の痛みが激しくならないよう刺激の少ない料理ばかり食べることになり、更には味覚を感じられない状態になることがあります、プロポリスは健康維持に役立つ成分が多いと言われていますが、口内炎に関してはどうなのでしょうか。

ここではプロポリスと口内炎との関係について見て行きましょう。

口内炎とは?

口内炎は体力や免疫力が低下している時に、口腔内の粘膜が傷ついて、白い膜状の円形の潰瘍が生じその周辺が赤く腫れ炎症を起こす症状が広く認識されています。

食物を噛む時に間違えて噛んでしまい唇周辺が傷ついて口内の粘膜に炎症が起こる場合や、免疫力の低下、ストレス、胃腸等の調子が悪い時に口内炎が出来る場合があります。

更にウイルス性や疾患が原因で発症することや、原因不明の場合もあります。

特定の場所に出来る口内炎

口内炎の中でも、特定の場所に炎症が起こる病気があります。
主要な病気には歯肉に炎症が起こる歯肉炎、舌に炎症が生じる舌炎、唇周辺や口角周辺が痛む口角炎等があります。

口内炎の主な原因

口腔内を傷つけてしまい生じる場合や、ビタミン等の栄養不足が原因で起こる場合が多く見られます。

他にはアレルギーや薬剤、大きな病気、様々な要因が考えられます。

ウイルスやアレルギー等

主な原因としては風邪の時に口内炎を発症することも多く、細菌やウイルスによる口内炎、果物・食物アレルギーによる口内炎、歯科治療で使用した金属が原因の金属アレルギーによる口内炎、服用した薬が原因で口内炎になる場合もあります。

長期に渡り完治しない場合カジンダ、クラミジア、エイズ等のウイルス性の病気が原因であるとも考えられますので、医師の受診が必要です。

病気が原因の場合

口腔内を傷つけて生じた口内炎はしばらくすれば完治しますが、2週間以上も完治しない場合は、病気が原因で口内炎が生じている可能性が高くなります。

鉄欠乏性貧血

生理により多くの血液が失われることから、貧血は女性に多く見られる症状の1つです。

特に血液中の鉄分が不足して引き起こされる病気には鉄欠乏性貧血があり、口内炎の原因にもなっています。
貧血の主な症状としてはフラフラする、めまい、立ちくらみ、顔色が悪い、疲れやすい、動悸・息切れ、更に口内炎を良く患うようになります。
 
貧血の場合、体内の隅々にまで酸素が行き渡らず、動悸等心臓や全身の疲労感を伴うので、きちんとバランスのとれた食事による栄養補給が必要です。

貧血が続き長くなると、口腔内の温度が高い状態になり熱を持ち口内炎になりやすい状態になるのです。
氷を頻繁に食べる方は口腔内が熱を持っている可能性が高いので、口内炎に加えて鉄欠乏性貧血が考えられます。
口内炎が長引く場合は医師への相談や、検査を受けて治療する必要があります。
  

白血病

口内炎は大きな病気が原因のことがあり、長期に渡り口内炎が完治しない場合は白血病の可能性も考えられます。

白血病は血液のがんと言われ、急性白血病・慢性白血病・骨髄性白血病・リンパ性白血病に分類され、それぞれ症状や対処の方法が異なります。

白血病の症状

あざ、発熱、貧血、動悸・息切れ、めまい、疲れやすい、全身の倦怠感、寝汗、お腹の張り、腹部の腫れやしこり、吐き気、嘔吐、関節・骨の痛み基本的には骨髄で正常な血液が生成出来ず、造血時に異常が起こり白血球の働きも異常になり、血液の状態に異変があるため出血しやすく止血しにくくなります。

歯茎や鼻からの出血、出血が止まりにくい、あざが数か所あり頻繁に出来て治りにくい、これらは主な初期の症状です。

ベーチェット病

聞きなれない病気ですが、眼や皮膚粘膜を中心に炎症が見られる原因不明の病気と言われています。遺伝的要素が外的要因により白血球の過剰機能となって炎症を誘発すると考えられています。

主な初期症状として口腔内の粘膜に見られるアフタ性口内炎、眼、皮膚、外陰部の潰瘍等、全身性炎症性疾患です。
口内炎と異なる点は視力の低下や、皮膚に赤い発疹が見られます。

その他の病気

口内炎は原因不明な場合も多く、上記以外の病気では膠原病、口内炎と間違えやすい口腔がん、皮膚に水泡が出来る症状が特徴の尋常性天疱瘡等、他にも口内炎と関連する病気があります。

目安では2週間以上口内炎が完治しない場合や、何度も繰り返す場合は一度病院で詳しい検査や医師の診断を受けることが大切です。
死に関わる重病なケースも多いので、速やかに治療を受けることをおすすめします。

口内炎の主な症状

カタル性口内炎

軽度の口内炎で、口腔内の粘膜が赤く腫れて熱を持ち、赤い斑点が生じます。
唾液分泌量が少ない場合や水分不足の場合、細菌が繁殖して発症する口内炎です。

潰瘍性口内炎

痛みが強く、口を動かす会話や食事をする時に激しい痛みを感じます。

潰瘍の形態としては、主に①潰瘍が赤くただれる、びらん性口内炎、②潰瘍の表面が白く膜状になる偽膜性の口内炎、③小さな円形の白い潰瘍が少し窪んだように見え、その周辺を赤い潰瘍が囲むような形態のアフタ性口内炎等があります。

口内炎の回復

口内炎は口腔内の粘膜が傷つく、または免疫力が低下して発症します。特にビタミン不足により口内炎が生じるケースが多く、皮膚や粘膜を強化するビタミンB群のビタミンB2をはじめとして、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンAを摂取するように心がけると良いでしょう。

プロポリスの成分と口内炎との関係

プロポリスは健康維持に役立つ成分が多く含まれていて、口内炎も例外ではありません。

口内炎は口の一部で起こりますが、全身に影響が出る病気との関連性もありますので、栄養と粘膜を潤す水分を補給し、疲労を感じる場合は心身を休ませてストレスから保護することも大切です。

プロポリスの成分作用

プロポリスには主に抗菌・抗ウイルス作用、抗酸化作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用、解熱作用、鎮静作用、鎮痛作用等、健康維持に役立つ様々な働きがあります。
 

プロポリスの成分

プロポリスの主成分は桂皮酸誘導体であるアルテピリンC、ρークマル酸、バッカリンと、フラボノイド等です。
※口内炎に有益な働きとしては、抗菌・抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用、抗酸化作用、抗腫瘍作用等です。

ビタミン類

皮膚や粘膜に影響するビタミンB群、主にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、葉酸等が含まれています。
※口内炎にはビタミンB2等のビタミンB群が有益な働きをします。

ミネラル類

マグネシウム、マンガン、カルシウム、鉄、亜鉛等が含まれています。
※口内炎や口内炎を併発する大きな病気、例えば貧血や白血病は骨髄や造血に関係するため鉄、亜鉛、カルシウムが有益な働きをすると期待されます。

ここまでプロポリスと口内炎とプロポリスとの関係性について見て来ました。

プロポリスには口内炎に有益なビタミン、ミネラルが豊富で、更に炎症を抑制し、傷ついた細胞や皮膚・粘膜を修復する成分の働きが口内炎に役立つ場合があります。
栄養と水分をきちんと摂り、ストレスから保護し、心身を休ませることが大切です。
 
ただし口内炎が2週間以上続く場合は、大きな病気が隠されていることが多いので、自己判断するのではなく、早急に医師に相談することが大切です。