ローヤルゼリーの効果の一つに、動脈硬化の予防も含まれるのをご存知でしょうか?動脈硬化は知らず知らずに進むこともあり、また症状が現れないことから、身体の水面下で徐々に悪化していく可能性があります。動脈硬化の悪化は様々な病気を引き起こす可能性があり、その中には重篤なものも含まれます。
ローヤルゼリーの摂取で動脈硬化を予防できるとしたら、利用したいと思いませんか?

動脈硬化のメカニズム

動脈硬化と言う言葉はよく耳にしますが、自分には関係ないと感じている人も多いでしょう。しかし、誰にでも起こりうる疾患でもあります。なぜなら、動脈硬化は食生活や生活習慣の乱れによって起こり、多くの人が同じ環境になりうるからです。
特に年齢を重ねるごとに身体の機能は低下するため、日頃から気をつけておく必要があると考えられます。

動脈硬化は血液の通り道が狭くなること

身体全体へと栄養素や酸素を運ぶ血液の通り道が動脈ですが、年齢とともに弾力を失うことと、様々な物質が動脈内に付着する事で血管が狭くなります。この状態を動脈硬化と言い、血管が狭ければ血液の流れは滞り、時には流れが止まってしまうことも考えられるでしょう。
また、高血圧の状態が続くことで血管が傷つき、硬化することも考えられます。

動脈硬化と食事の関係

動脈硬化が起こるのは、血管の老化も関係していますが、それ以外にもコレステロールなどの脂肪が動脈の内膜にこびりつくことも原因になっているでしょう。放置すれば厚くなった部分が破れ、血栓がつくられるため、完全に塞がってしまうことも。
原因となるコレステロールは動物性脂肪含まれ、悪玉コレステロールといわれ血管の内壁にくっつき硬くします。これを防止するのが善玉コレステロールで、へばりついたコレステロールをはがし、肝臓へと運ぶため、動脈硬化を予防すると言われています。
また、中性脂肪も動脈硬化の原因と言われていますが、糖分の摂りすぎやアルコールの摂取により値が高くなります。
動脈硬化の原因は、普段の食事とも密接な関係があるのです。

ローヤルゼリーで多方面から予防

ローヤルゼリーには動脈硬化の予防に効果が見込める成分以外にも、動脈硬化を悪化させる危険性のある、高血圧や糖尿病、ストレスなどについての緩和をおこなう効果もあると言われています。
それぞれの危険因子が増えることで動脈硬化に拍車をかけることになるため、多方面から予防しておくことも大切なことです。

パントテン酸で善玉コレステロールを増やす

ローヤルゼリーにはパントテン酸と言うビタミンの一種が含まれますが、この成分が動脈硬化の予防に効果を発揮してくれます。パントテン酸は、善玉コレステロールを増やし、血管の内壁にこびりつくコレステロールや脂肪を取り除くよう働き、血液中の余分なコレステロールの回収を行います。

デセン酸で高血糖・高血圧予防

デセン酸はローヤルゼリーの特有成分ですが、この成分がインスリンのような働きをすることから、高血糖の予防に効果があると言われています。高血糖を放置することで動脈硬化を進行させると言われていますから、予防と緩和の可能性があるローヤルゼリーは効果的と言えるでしょう。
動脈硬化の原因には、高血糖以外にも、高血圧や高脂血症も関係していますが、デセン酸は血圧の上昇を防ぐ効果や血中コレステロールを排除する働きも期待できるため、血液をサラサラにし手血流を良くし、予防になるでしょう。

生活習慣の改善も必要

ローヤルゼリーを飲むことで予防にはなるものの、乱れた生活習慣を続けることで悪化する可能性が高くなるのは当然のことでもあります。動脈硬化の原因となる、喫煙や飲酒はもちろんのこと、食生活の乱れや運動不足の解消を心がける必要はあると考えましょう。

ローヤルゼリーで少しでも改善を

動脈硬化により起こる病気には、脳卒中や心筋梗塞などの命に関わるとも言える病気が考えられます。気づかないうちに進行している可能性があるため、早いうちから予防しておくことが大切でしょう。しかし、日々の生活の中で、常に予防に気を使うことは困難とも考えられます。
ローヤルゼリーは、薬のように集中して治療するというわけではありませんが、コツコツと継続して摂取することで穏やかに予防できると考えられるでしょう。