ローヤルゼリーでストレスに負けない-min

ローヤルゼリーにはストレスの緩和に効果が期待できる成分が含まれています。

ストレスは誰もが感じているものであり、自分でも気づかないうちに溜め込んでいる可能性があります。
しかしストレスを溜め込むことや感じ続けることは、多くの病気や老化を進める要因になってしまいます。

そんな良いことがないストレスをローヤルゼリーの摂取だけで、少しでも緩和することができるのであれば、試してみたいと思いませんか?

ローヤルゼリーに含まれる成分がストレスを緩和

ローヤルゼリーに含まれる栄養はバランスがよく、飲むことで身体を健康的にしてくれるだけでなく、自律神経やホルモンバランスも整えてくれます。

普段食事に気を使っているから必要ない!という人もいらっしゃいますが、ローヤルゼリーには食事では得ることのできない栄養素も含まれています。

また、含まれる栄養素はストレスに対抗することのできる身体を作るために欠かせないものも含まれます。

ローヤルゼリーの効果・効能はストレス緩和以外にもある!

ローヤルゼリーに含まれているストレスを緩和する成分

  1. アセチルコリン
  2. デセン酸(特有成分)
  3. パントテン酸
  4. ビタミンC
  5. カルシウム

アセチルコリンがイライラを緩和

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、自律神経を整える神経伝達物質です。

ストレスを感じることで、興奮状態を起こすアドレナリンやノルアドレナリンが放出されますが、バランスを取るために副交感神経からアセチルコリンが分泌されます。
自律神経を正常に整え、脈拍を遅らせたり、血管を拡張することでイライラを緩和しリラックスするよう促します。

また、ローヤルゼリーに多く含まれているビタミンB群の効果でも、気持ちを落ち着ける作用が期待できます。
神経が過敏になるのを抑え、不眠を改善する効果もあります。

デセン酸が脳へ刺激を与える

ストレスを受けると、脳の視床下部、脳下垂体、副腎へ伝わります。

これは、良い刺激に関しても起こり、その場合は細胞の活性化や免疫力アップにつながります。楽しさや嬉しさが伝わるか、ストレスが伝わるかで、体内の状態は大きく変わるのです。

間脳の働きが低下することでストレスを感じやすくなると言われています。

強いストレスは脳へと伝わり、繰り返されることで免疫力や抵抗力の低下を招きます。

ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸は、脳への刺激を与え間脳の働きを促進させます。
間脳の働きが正常化することで、ストレスを溜めこむことを避けられるのです。

参考:デセン酸とは?どんな効果があるの?

パントテン酸でストレス緩和効果

パントテン酸はビタミンの一種ですが、ストレスを感じた時にはそれを緩和するために大量に消費される成分でもあります。

ストレスを緩和するために、人の体内では副腎皮質ホルモンが必要になりますが、この合成に使われるためです。

ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸が、ストレスに対抗するためのホルモンを合成するために使われ、スムーズに緩和がされると考えられます。

参考:パントテン酸の効果

ストレス解消の相乗効果

ストレスは受けること、蓄積することで様々な影響があります。
しかし多くのストレスがある現代では、100%避けることができないため、毎日ストレスを解消し新たな1日をスタートさせるのことが大事になってきます。
そのためには、ゆっくりと入浴しリラックスすることや運動を取り入れることも大切です。

また栄養素が足りていないことで、身体が思うように動かなくなったり、血流が悪くなることもあり、よりストレスを溜め込むことにもなるでしょう。

このようなことを起こさないためにも、40種類以上の栄養素が含まれ栄養バランスのあるローヤルゼリーはマルチに役立ちます。

身体の調子が整うことで身体を動かすことを苦痛と感じにくくなること、ローヤルゼリーの血流促進効果によって、リラックスするとともに身体の隅々まで栄養が行き届くでしょう。
ストレスの解消と負けないからだに整える事で、より健康維持に役立ちます。

ストレスを放置する危険性

ストレスは、ただ疲れる、やる気が出ない、眠くなる。といった症状だけでなく、死につながる危険性をもっています。

最近の研究で、「神経ストレスが胃がんの進行を加速させる」ことが分かっています。

参照:日本医療研究開発機構(東京大学の研究内容)

胃がんは、がんの中で死亡数が多い部位3位になっています。
2016年のデータですが、非常に多くの方に危険性があることがわかります。

参照:国立がん研究センター(最新がん統計)

今回の研究テーマでは胃がんとストレスの関係だけでしたが、他の癌とストレスにも関係している可能性はあります。

ストレスと甘く見ずに、ご自身の健康のためにできることから予防していきましょう。