ローヤルゼリーは、ガン予防の効果が期待できるといわれています。。ガンは、世界の中でも注目される病気として高い位置にあり、治療や予防についても多方面での研究がされています。しかし、未だ確実な治療法はなく、簡単に直すことができる病気ではないと考えられます。

ガンとローヤルゼリーの関係

ローヤルゼリーは健康食品ですが、その効果のどのようなものがガンに効果的なのでしょうか。
ガンは、元々は人が持っている細胞ですが、何らかの原因により正常な細胞が突然変異することで起こるものです。その原因についても確実に突き止めることができないこともあり、治療や予防も100%の効果的なものはありません。
ガンの予防として効果的と考えられるのは、細胞の正常化と、ガン化した細胞を撃退するための免疫力の向上でしょう。

ナチュラルキラー細胞とローヤルゼリー

ローヤルゼリーには多糖類が含まれ、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きを助けます。ガン細胞を攻撃する働きをしている免疫細胞にNK細胞があり、その働きを助けることで、ガン化した細胞を減らすことが可能と考えられます。
ストレスや不安などが高まることでNK細胞の働きは低下するため、ガンを発症しやすくなりますが、ローヤルゼリーの摂取によってNK細胞が活性化されることで、ガンを食い止めることが可能とも考えられるでしょう。

ローヤルゼリーのストレス緩和効果

ストレスは身体への影響が大きく、免疫力の低下を招くことも考えられます。ローヤルゼリーにはストレスの緩和に効果的な成分が多く含まれ、またバランスの良い栄養素がそれを補うとも考えられます。リラックス効果のあるビタミンB類だけでなく、イライラを抑える効果のある成分が含まれます。ストレスに強い身体を作ることは免疫力アップにつながり、免疫力が高い身体はガン細胞を攻撃し、減らすことが可能と考えられます。

ローヤルゼリーのデセン酸の効果

ローヤルゼリーのみに含まれるデセン酸は、抗ガン作用があるとも言われています。摂取を続けることでガン細胞の縮小と転移の予防ができるという研究結果も報告されています。デセン酸はローヤルゼリーの摂取でのみ得られる成分ですから、貴重な成分と言えるでしょう。

多くの栄養素も大切な要素

ガンは年齢とともに発症する確率が高まります。ローヤルゼリーの豊富な栄養素がガンを未然に防ぐ働きをする可能性もあるでしょう。栄養素のバランスを崩し不足することが多くなれば、細胞は衰え、ガン化する可能性は高くなるでしょう。
また、抵抗力と体力の向上で、ガンに対抗することも可能と考えられます。

ガンの治療

ガンの治療は長い期間かかること以外にも、辛い副作用が起こることが多いと考えられますが、ローヤルゼリーは健康食品ですから副作用と言われるものはないでしょう。未だ研究段階ではあるものの、摂取することでの悪影響は、アレルギーを起こす可能性以外には考えられないため、そのような心配がない人にとっては試す価値のあるものとも言えるでしょう。
心身ともに健康的ということは、多くの病気の予防にも効果があるということになります。ガンに対しても効果があると考えられるのではないでしょうか。

効果を得るためにはローヤルゼリーの選び方にも注意を

ローヤルゼリー製品は多く存在しますが、そのすべてに十分な効果を発揮できる品質のものが利用されているという保証はありません。どのような検査をし、加工されているか、成分はどのようなものかを把握したうえで、購入することが大切です。
そのためには情報についての公開が十分にされているか、信用できるメーカーの扱っているものかが確認できるローヤルゼリーを選ぶことが大切です。
必要な成分の含有量が少なければ、当然効果を得ることは難しくなるでしょう。