ローヤルゼリーには多くの効果が期待できます。不妊症にも効果があるという話を耳にしますが、そのような効果が本当にあるのでしょうか?
また、ローヤルゼリーの成分はどのように身体に働きかけるのでしょうか。

不妊症の原因

不妊症には様々な原因がありますが、女性側について大切なことは、子宮内の血液の流れが滞りなく行われているかです。更にホルモンバランスが整っていないことと、分泌の低下が考えられるでしょう。多くの場合、卵子が正常に育たない理由として考えられるのはこのようなことです。
また、加齢によるものも含め卵管に問題がある場合や、子宮内膜なども可能性があるでしょう。
男性側では、精子の数の低下や質に問題がある場合が考えられます。
しかし不妊症は、どんなに調べてみてもはっきりした原因がわからない場合も多々あり、ストレスによる精神的なものも関係しているとも言われます。不妊に対する考えや、長期にわたる不妊治療が更にストレスとプレッシャーとなっている可能性もあるでしょう。

ローヤルゼリーのストレス緩和効果と不妊症

不妊症の原因の一つは、ホルモンバランスに大きな影響のあるストレスです。強いストレスを感じることで、血管の収縮がおこり、血行不良になります。ストレスによる身体的、精神的なダメージは、自律神経への影響が考えられるでしょう。自律神経は人間に身体にとってたくさんの働きを担っています。
卵子の成長と妊娠に深い関わりのある女性ホルモンも、精子の量を左右する男性ホルモンも、自律神経でコントロールされます。そして、自律神経は自分の意志でコントロールすることは不可能です。
ローヤルゼリーにのみ含まれるデセン酸は、自律神経を整える働きがあると言われるほか、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きを持っているため、ホルモンバランスの調整され正常になり、不妊症の改善に効果が期待できるでしょう。
さらに、アセチルコリンと言われる神経伝達物質の元となるコリンが含まれるローヤルゼリーは、脳からの働きかけを身体へ伝えるよう作用するため、ストレス緩和に役立ちます。
アセチルコリンは体内で作る事ができる成分でストレス解消に役立ちますが、加齢などにより減少するため、ローヤルゼリーで摂取することは有効でしょう。その他にも含まれる栄養素を同時に補うことができることも、ストレスの緩和に効果的に働くでしょう。
ストレスを受けやすい社会で日々戦っている男性にも、効果があると考えられますし、疲労回復効果のある栄養素もローヤルゼリーには備わっています。疲れやストレスは、男性ホルモンの分泌を低下させるため、ストレスと疲労の緩和は大切です。

冷えの改善で不妊症も改善

女性に多い冷え性。この身体の冷えも、不妊症の1つの原因とも言われます。ローヤルゼリーの摂取で自律神経の調整ができることで、身体の冷えも改善される可能性がありますし、ローヤルゼリーの持つ代謝アップの効果や血流促進効果が身体を温めるとも考えられるでしょう。

不妊の改善には健康的な身体が大切

妊娠を望めば、身体の健康をまず第一に考えることが重要です。とくに女生は身体を冷やさないように心がけ、食事に気をつけ、睡眠などの生活習慣にも気をつけることが必要でしょう。
また、原因がはっきりしない場合は特に、身体と心の両方のバランスを整えることも必要になってくるでしょう。リラックスすることや、日々の生活に気を使うことも大切です。
また、ビタミンやミネラルをはじめ、アミノ酸など栄養素を多く含むローヤルゼリーは、健康的な身体作りに役立つため、男性にも女性にも効果的でしょう。
不妊に悩むカップルの約半分は、男性側にも問題があるといわれています。女性側だけの問題ではない可能性も考えられるため、夫婦で共に摂取することが効果的と言えます。また、体質の改善を含め考えれば、継続的かつ気長に摂取していくことも大切です。

ローヤルゼリーの種類

ローヤルゼリーには生、乾燥、調整されたサプリメントタイプなどがあります。生ローヤルゼリーは採取したローヤルゼリーそのままの状態であるため、栄養価や鮮度も高く効果的といえます。その反面、劣化が早く保存しにくいというのが欠点でしょう。
乾燥タイプは、生ローヤルゼリーを乾燥させ水分をなくした状態です。生タイプよりも長期間の保存が可能ですが、加工の段階で熱処理をするため一部の成分が失われている可能性は否定できません。そのため、中には熱処理を加えないものも出回っています。
サプリメントなどの調整されたローヤルゼリーは、ローヤルゼリー以外の成分が含まれるため、純度は低くなります。しかし保存しやすく飲みやすいというメリットがあるといえるでしょう。また、ローヤルゼリー以外の有効成分が配合されているため、更にバランスが整っているという可能性もありえます。
夫婦で共に気軽に摂取することを考え、ライフスタイルに合った続けやすいものを相談し選ぶのも良いでしょう。