ローヤルゼリーは偏頭痛のの緩和にも効果が期待できるといわれています。

偏頭痛に悩まされている人は多くいらっしゃいますが、原因がはっきりわからないだけでなく、幾つかの事が重なって起る可能性もあるため、人それぞれの症状は100%改善することができずに、頭痛になるたびに鎮痛剤を飲む他ないことも多々あります。

また、人それぞれに異なった原因があり、場合によっては薬を飲んでも良くならない場合もあるでしょう。

日本では、15歳以上で3人に1人という多くの人が頭痛持ちと言われています。たかが頭痛と思う人もいらっしゃるとは思いますが、偏頭痛も酷くなると生活に支障をきたす場合があり、身体を動かすとより痛くなる他、吐き気に悩まされることもあるのです。

このような症状を少しでも抑えるために、ローヤルゼリーの作用が役立つ可能性があるというのは何故なのでしょうか。

偏頭痛と血管の関係

偏頭痛は、血管の急激な拡張で起こります。

脳の血管がひろがる事で神経を刺激し、炎症を起こし痛みになり、炎症によりさらに拡張することでより強い痛みを伴います。

原因とは

人の身体はストレスや極度の緊張で血管が収縮しますが、偏頭痛が起こる血管の拡張は、このストレスや緊張から開放された時に起こりやすいと言われています。

また、睡眠時間が多すぎても少なすぎても起こりますし、女性ホルモンのバランスや疲労、光の刺激など、様々な要因が考えられるでしょう。

それ以外にも、精神的な部分も関わっていることもあると言われています。

ローヤルゼリーの偏頭痛への効果とは

偏頭痛にはいくつかの原因がありますが、ローヤルゼリーはその原因を緩和する作用のある成分が含まれます。

原因をなかなか突き止めることができない偏頭痛であっても、幾つかの作用によって様々な角度からの働きかけることで軽減する可能となります。

ストレスと疲労の緩和

ローヤルゼリーには、抗ストレス効果が期待できる成分が含まれます

ローヤルゼリーに含まれるビタミンBはイライラを抑え、疲労回復効果も高いため、ストレスを感じにくくなるとともに、神経と身体の疲労回復に努めます。

また、ストレスに対抗する成分の生成を促すためストレスを感じても溜めずに解消することが可能と考えられます。ストレスを溜めすぎた反動として起こる可能性がある偏頭痛の緩和に効果的と考えられます。

女性ホルモンと自律神経の調節

女性ホルモンの変動により起こる偏頭痛にも、ローヤルゼリーは効果を発揮するでしょう。

ローヤルゼリーはホルモンバランスを整えるとともに、自律神経の調節をおこなうと考えられるため、このようなことが原因で起こる場合にも効果的です。

どのような頭痛も自律神経との関わりがあると考えられるため、正常に整えることは偏頭痛の改善には重要でしょう。

緊張型頭痛にもローヤルゼリーの血行促進が効果的

頭痛には肩こりや目の疲れ、ストレスがかかっている時に起こる緊張型頭痛と言う場合も考えられます。

この場合には、筋肉の緊張が痛みの原因で、身体を温めることが改善のポイントです。また、ストレッチやマッサージによる血行促進も効果的でしょう。

血行促進と疲労回復、そして自律神経

ローヤルゼリーには血行促進効果があり、自律神経を整えるため、コリや緊張をほぐすと考えられます。

ストレスの緩和も頭痛の解消に役立つでしょう。疲れが溜まることで疲労物質がたまれば、周囲の神経を刺激するため、痛みが強くなる可能性がありますが、疲労回復効果も見込めるローヤルゼリーで緩和される可能性もあるでしょう。

偏頭痛と緊張型頭痛

慢性的な偏頭痛を持つ人の中には、血管拡張型の片頭痛と緊張型頭痛の両方に悩まされる人も多くいらっしゃいます。

ローヤルゼリーは総合的に体調を整えると考えられ、両方の頭痛の緩和に役立つといえるでしょう。

それぞれの頭痛に対して特に変更することなくローヤルゼリーで改善が可能であれば、とても便利な事でもあります。

多くの要素がある偏頭痛にローヤルゼリー

様々な原因が考えられる偏頭痛は、解消することはなかなか難しいものです。毎日のように鎮痛剤に頼ることになる可能性もあるでしょう。また、原因がわかったとしても排除するのが難しい場合も考えられるでしょう。

ローヤルゼリーの偏頭痛への作用は、痛みを止めるものではありませんが、それぞれの原因に働きかけることで全身の調整が行われると考えられるため、理由が分かりにくく取り除くことが難しい偏頭痛にも効果が期待できると考えられます。

まず病院で診察を

ローヤルゼリーが偏頭痛を緩和する可能性はあるものの、頭痛には重大な病気が隠れている可能性もあります。頭痛に悩まされている場合には、まずは医師の診断を受けましょう。その上で、ローヤルゼリーを補助的に利用する事をオススメします。

また、ローヤルゼリーは薬ではありませんから、痛みが起こってから飲むのではなく日常的に続けることによって、痛みが起こる頻度や強さが変わってくる可能性があると考えましょう。