ローヤルゼリーの副作用は喘息とアトピー性皮膚炎を持っている人は危険

ローヤルゼリーの効果・効能はたくさんあるけれど、副作用はないの?と心配になりますよね。

通常、副作用というのはクスリに使用する言葉で、健康食品には使用しません。しかし、ローヤルゼリーを飲むことで、副作用とも感じる可能性があるのかどうかという意味では、必ずしもないとは言えないのです。

では、副作用とも言える影響とは、またその症状の理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

ローヤルゼリーの摂取量と摂取のタイミングで起こる副作用

ローヤルゼリーには、必ず守らなければならない摂取量はありません。

しかしローヤルゼリーの1日の摂取量目安としては500mg~3000mgとされています。(日本健康・栄養食品協会の推奨量

推奨摂取量には大きな差がありますがこれは、ローヤルゼリーを飲む人の体格の違いや体質、体調などにより飲むべき量が違うためです。

ローヤルゼリーは摂取量が人によって違い、「胃の弱い人が一度に多くの量を摂取すると、胃痛や下痢などの副作用」を感じるのです。それだけでなく、とくに男性はローヤルゼリーの摂取量を大幅に増やし過ぎると、女性ホルモンに似た成分のデセン酸の影響を受ける可能性があるため、気をつけましょう。

摂取の仕方を変えてみる

ローヤルゼリーを摂取後、不快感や不調といった違和感がある場合には、一度に飲む量や1日の摂取量を減らすなどし、様子を見ると良いでしょう。

また、空腹時の摂取により同じような状態になる可能性もあります。胃液の関係もありますから、空腹時よりも食後にローヤルゼリーを飲むようにしましょう。

>ローヤルゼリーの飲み方

アレルギー持ちの人は副作用の症状がでる可能性がある

食品に対するアレルギーを持っている方はとくにローヤルゼリーの摂取には注意が必要です。また、アレルギーがないと思っている人も、いつアレルギー症状を発症するかわからないので、自分は大丈夫!と決めつけないようにしましょう。

ローヤルゼリーに限ったことではありませんが、すでに食品アレルギーを持っている人にとっては、成分が過敏にアレルギー反応を起こす可能性があります。摂取を考えるのであれば、かかりつけの医師に相談することをオススメします。

また、ローヤルゼリーの原料としてミツバチが採取するのは花粉です。そのため花粉症を持っている人は、症状を起こす可能性があるとも考えられます。花粉症のような鼻詰まりや鼻炎を発症した場合には摂取を控える必要があるでしょう。

最初は少量から飲み始めてみる

アレルギーの心配のある人が摂取する場合には、最初から通常の分量ではなく少量を摂取して、体調を確認しながら飲む量の調節をしていくと良いでしょう。

>ローヤルゼリーのお試し商品まとめ

喘息とアトピー性皮膚炎の人への副作用は危険?

ローヤルゼリーは、喘息やアトピー性皮膚炎を持っている人にはオススメできません。身体が過敏に反応し、重大な症状を引き起こす可能性が高いため避けるべきです。

喘息向けの成分としては、EPAやDHA、タウリンがあります。
それらでしたら重大な影響はありませんので、含まれているサプリメントの摂取を行いましょう。

アトピーの方は、乳酸菌、ビオチン、亜鉛、セラミドの摂取が効果的です。

蜂アレルギーの人は特に危険

蜂の分泌物が含まれるローヤルゼリーは、蜂に対するアレルギーがある人は危険です。飲むことでアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

アナフィラキシーショックとは、命の危険があるほどの症状で、じんましん、意識障害、血圧の低下などさまざまな症状が起こります。
蜂アレルギーの方は、ローヤルゼリーとプロポリスの摂取は止めましょう。

アレルギーはローヤルゼリーの副作用とは言えない

ここまでアレルギーとローヤルゼリーの関係性について紹介してきましたが、「副作用」という言葉の定義から言えば、ローヤルゼリーには副作用はありません。
アレルギー反応を起こしたとしても、それは副作用といえないのです。

しかし、せっかく健康のために摂取するのであれば、不快な思いはしたくないものです。アレルギーの気になる人は、注意して少量ずつ試しながら摂取するか、医師への相談を考えてみると良いかもしれません。

ローヤルゼリー種類豊富な成分がアレルギーを起こす要因

ローヤルゼリーは多くの成分を含んでいます。そのことがアレルギーを起こしやすくなる特徴を持っているとも言えるでしょう。
身体に合えば、たくさん効果が期待できるものです。アレルギーがなければぜひ摂取をオススメしたいものであるのは間違いありません。

ローヤルゼリーにかかわらず、健康食品にも人によって合う合わないがあります。人によってはローヤルゼリーを飲むことで体調に不快感を感じることもあるでしょう。そのような場合には、無理に続けることで身体への負担になりますので摂取を控えることや、製品を変えるなどしてみると良いかもしれません。

ローヤルゼリーは品質も様々なものがあります。その選び方によっても、身体への影響や効果に違いがあるかも知れません。「ローヤルゼリーであれば何でも同じ」と考えないようにするべきでしょう。
>ローヤルゼリーの選び方

また、天然のものでも、化学物質でも、アレルギーに対する可能性は誰にでもありうると考えておくと良いでしょう。