ローヤルゼリーには多くのビタミンが含まれます。ビタミンが含まれることによって得られる効果も多くあるでしょう。ビタミンは身体の調子を整えるために必要なものです。13種類ある中、多くのビタミンがローヤルゼリーで摂取することができます。
ビタミンは体内でつくられるものもあれば、経口摂取する必要のあるものがあります。しかし、たとえ作られたとしても十分な量ではない可能性もあるのです。

水溶性ビタミンは毎日必要

ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ビオチン、葉酸、ナイアシン、アセチルコリンは水溶性ビタミンで、身体にためておくことができないため、必要な量を毎日摂取することが重要です。それぞれの働きは、生活の中でなくてはならないものでもあるでしょう。

ビタミンB1

疲労回復のために必要な栄養素。脳や神経の機能を正常化する働きもあるため、不足することで疲労や倦怠感を感じやすくなります。また、摂取した炭水化物をエネルギーへと変えるよう働きます。それだけで無く、皮膚や粘膜を整える効果もあるでしょう。
アルコールを過剰に摂取することで、ビタミンB1の働きを悪くし、脳や神経の働きを低下させる可能性があるため、お酒をよく飲む人には欠かせない栄養素でしょう。また、ビタミンB2も同じように働きます。

ビタミンB6

アミノ酸をエネルギーに変えたり、合成するために使われます。赤血球の生成や抗体をつくる働きは、免疫力のアップにもなり、アレルギーに対する改善効果も見込めるでしょう。不足することで皮膚炎や貧血の原因になります。

ビタミンB12

イライラや不眠の防止に役立ちます。アミノ酸の代謝に使用され、不足することで貧血や神経障害を引き起すことが知られています。

パントテン酸

エネルギーの代謝に必要な成分で、ストレスの緩和にも役立ちます。タンパク質、脂質、炭水化物の代謝促進に関わり、身体作りに欠かせない成分です。ホルモンや免疫抗体の合成にも関わり、健康維持に役立っています。
善玉コレステロールを増やす作用があるため、余分なコレステロールを肝臓へ円滑に運ぶことができ、高血圧や動脈硬化の予防にも効果があると考えられます。

ビオチン

皮膚の強化に効果があり、皮膚炎を改善するために働きます。ヒスタミンを抑える効果もあるため、かゆみの軽減にも役立ちます。また、粘膜の強化作用もあるため、口内炎への効果も期待できるでしょう。血糖値の低下にも作用するといわれています。

葉酸

赤血球の生成、細胞の活性化に役立ち、老化防止効果も期待できます。不足することで貧血などの症状があらわえます。

ナイアシン

糖質や脂質の代謝に関わっています。血行促進作用は体の調子を整えるとともに肌に関しても効果的で、シミやくすみの改善になるでしょう。
アセトアルデヒドを分解する効果が、悪酔いと言われる状態の改善に役立つといわれています。
不足することで、食欲減退や消化不良、皮膚発疹などが起こり、さらに進むと皮膚炎が酷くなるだけでなく、痴呆を起こす可能性があります。

コリン、アセチルコリン

コリンは身体の中でアセチルコリンやレシチンに合成するために使われ、細胞膜を生成し、血管や内臓の脂肪やコレステロールを取り除く働きをするため、コリンが不足することで、動脈硬化になる確率が高くなる可能性があります。
コリンによってつくられたアセチルコリンは、血圧を調節する作用や、自律神経を正常に整える効果を持っている神経伝達物質と言われています。タバコなどのニコチンが脳に溜まることで神経伝達物質の代わりに働くことがあり、そうなると生成されなくなります。

ローヤルゼリーに含まれるビタミンは生命活動に必要なもの

ビタミンは身体皮膚を始め、エネルギーの代謝など様々なことに関わりを持っています。ビタミンの中にもそれぞれの働きがあるのです。ローヤルゼリーにはこのようなビタミン以外にも必要なアミノ酸やミネラルなど、特有成分のデセン酸など沢山の栄養素が含まれ、さらなる効果が得られるのでしょう。ローヤルゼリーに含まれるビタミンだけで、代謝アップや抗ストレス、血行の促進や動脈硬化の予防など様々な効果が見込めるのですから、試してみる価値があるのではないでしょうか。