ローヤルゼリーに含まれるビタミンの効果-min

ローヤルゼリーには多くのビタミンが含まれます。

ビタミンは身体の調子を整えるために必要なもので、13種類ある中、多くのビタミンがローヤルゼリーで摂取することができます。

ビタミンは体内でつくられるものもあれば、経口摂取する必要のあるものがあります。しかし、たとえ体内で作られたとしても足りない可能性はあります。

ローヤルゼリーに含まれるビタミン一覧

  1. ビタミンB1
  2. ビタミンB2
  3. ナイアシン
  4. パントテン酸
  5. ビタミンB6
  6. ビタミンB12
  7. 葉酸
  8. ビオチン
  9. イノシトール
  10. アセチルコリン
  11. ビタミンC

中でもビタミンB群は多く含まれています。

水溶性ビタミンは毎日必要

ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ビオチン、葉酸、ナイアシン、アセチルコリンは水溶性ビタミンで、身体に貯めておくことができないため、必要な量を毎日摂取することが重要です。

それぞれの働きは、生活の中でなくてはならないものなのでしっかり摂っていきましょう。

ローヤルゼリーに含まれるそれぞれの効果について見ていくことでなぜローヤルゼリーが健康補助食品として人気なのかが分かってきます。

ビタミンB1の効果

ビタミンB1は疲労回復のために必要な栄養素です。

脳や神経の機能を正常化する効果もあるため、不足と疲労や倦怠感など夏バテのような状態になります。

また、摂取した炭水化物をエネルギーへと変える働きをします。それだけで無く、皮膚や粘膜を整える効果もあるのです。

アルコールを過剰に摂取した場合は、ビタミンB1の働きを悪くし、脳や神経の働きを低下させる可能性があるため、お酒をよく飲む人には欠かせない栄養素になります。

ローヤルゼリー以外では、豚ヒレ、中華めん、ごま、まいたけなどにビタミンB1は多く含まれています。

ビタミンB1の効果

  1. 糖質が効率よくエネルギーに変換
  2. 疲れを回復させる
  3. 脳神経を正常に動かす

ビタミンB2の効果

ビタミンB2は、肌荒れ、集中力の低下、倦怠感などへの効果があります。

特に女性の場合は不足している栄養素で意識して摂っていく必要があります。

ローヤルゼリー以外では、鮭、豚、レバーなどにビタミンB2は多く含まれています。

ビタミンB2の効果

  1. 皮膚や粘膜の健康を保つ
  2. 糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える
  3. 過酸化脂質も分解し病気を予防してくれる

ナイアシンの効果

ナイアシン(ビタミンB3)は、糖質や脂質の代謝に関わっています。

血行促進作用は体の調子を整えるとともに肌に関しても効果的で、シミやくすみの改善効果もあります。

アセトアルデヒドを分解する効果が、二日酔いの状態改善にも役立ちます。

ナイアシンが不足することで、食欲減退や消化不良、皮膚発疹などが起こり、さらに進むと皮膚炎が酷くなるだけでなく、痴呆を起こす可能性があります。

ローヤルゼリー以外では、まいたけ、たらこ、コーヒーなどにナイアシンは多く含まれています。

ナイアシンの効果

  1. たんぱく質・糖質・脂質の代謝を促進する効果
  2. 血流を良くし、冷え症や頭痛の改善
  3. 肌や粘膜の健康を維持する

パントテン酸の効果

パントテン酸は、エネルギーの代謝に必要な成分で、ストレスの緩和にも役立ちます。

タンパク質、脂質、炭水化物の代謝促進に関わり、身体作りに欠かせない成分です。

またホルモンや免疫抗体の合成にも関わり、健康維持に役立っています。

善玉コレステロールを増やす作用があるため、余分なコレステロールを肝臓へ円滑に運ぶことができ、高血圧や動脈硬化の予防にも効果があります。

ローヤルゼリー以外では、レバー、タマゴ、大豆、牛乳などにパントテン酸は多く含まれています。

パントテン酸の効果

  1. 三大栄養素(脂質・糖質・たんぱく質)全てのエネルギー変換をサポート
  2. 善玉コレステロールや免疫抗体、ホルモンの合成
  3. 抗ストレスホルモンの合成を補助

ローヤルゼリーのパントテン酸はどんな効果がある?

ビタミンB6の効果

ビタミンB6は、アミノ酸をエネルギーに変えたり、合成するために使われます。

赤血球の生成や抗体をつくる働きは、免疫力のアップにもなり、アレルギーに対する改善効果も見込めます。

ビタミンB6が不足することで皮膚炎や貧血の原因になります。

ローヤルゼリー以外では、唐辛子、にんにく、バジル、こんにゃくなどにビタミンB6は多く含まれています。

ビタミンB6の効果

  1. ホルモンバランスの調節
  2. 脂質の代謝作用
  3. 精神状態を整える効能

ビタミンB12

ビタミンB12は、イライラや不眠の防止に役立ちます。

アミノ酸の代謝に使用され、ビタミンB12が不足することで貧血や神経障害を引き起すことが知られています。

ローヤルゼリー以外では、しじみ、のり、あさり、レバーなどにビタミンB12は多く含まれています。

ビタミン12の効果

  1. 神経機能を正常に保つ効果
  2. 葉酸の効果への補助
  3. 肩こりや腰痛の原因となる末梢神経の傷を治す

葉酸の効果

葉酸は、赤血球の生成、細胞の活性化に役立ち、老化防止効果も期待できます。

不足することで貧血や胎児の発育不全などの症状が現れます。

ローヤルゼリー以外では、のり、パセリ、レバー、せん茶などに葉酸は多く含まれています。

葉酸の効果

  1. たんぱく質の元となるアミノ酸を多く生成(アンチエイジング)
  2. 丈夫な血管やきれいな血液づくりの補助
  3. 悪性の貧血を防止

ビオチン

ビオチンには、皮膚の強化に効果があり、皮膚炎を改善するために働きます。

ヒスタミンを抑える効果もあるため、かゆみの軽減にも役立ちます。

また、粘膜の強化作用もあるため、口内炎への効果も期待できるでしょう。血糖値の低下にも作用するといわれています。

ローヤルゼリー以外では、まいたけ、レバー、からし、らっかせいなどにビオチンは多く含まれています。

ビオチンの効果

  1. 育毛効果
  2. 色素細胞を活性化させ白髪を防ぐ
  3. ニキビ肌の再生や肌の老廃物を排出する

イノシトールの効果

イノシトールは、神経機能を正常に保つ効果があります。

神経細胞を正常に保つことで、脳細胞や発毛、脱毛といった髪や頭皮の健康維持にも役立ちます。

またイノシトールは別名「抗脂肪肝ビタミン」といわれ、脂肪肝を予防する効果もあります。

肝臓に集まっている中性脂肪を排除する働きがあり、脂肪肝の予防にはもってこいです。

ローヤルゼリー以外では、小麦、オレンジ、豆、メロンなどにイノシトールは多く含まれています。

イノシトールの効果

  1. 肝臓への脂肪の沈着を防いで脂肪肝の予防
  2. 動脈硬化の予防
  3. 神経機能を正常に保つ

アセチルコリン、コリン

コリンは身体の中でアセチルコリンやレシチンに合成するために使われ、細胞膜を生成し、血管や内臓の脂肪、コレステロールを取り除く働きをするため、コリンが不足することで、動脈硬化になる確率が高くなります。

コリンによってつくられたアセチルコリンは、血圧を調節する作用や、自律神経を正常に整える効果を持っている神経伝達物質と言われています。

タバコなどのニコチンが脳に溜まることで神経伝達物質の代わりに働くことがあり、そうなると生成されなくなります。

ローヤルゼリー以外では、卵黄、レバー、大豆、にしん、ナタネなどにアセチルコリンは多く含まれています。

アセチルコリンの効果

  1. 記憶力や集中力を向上(アルツハイマー病予防)
  2. 副交感神経系を刺激する作用
  3. 排泄、排尿への作用

ビタミンCの効果

ビタミンCは、コラーゲンを生成するのに不可欠なビタミンとなります。

皮膚や粘膜を健やかに保つ効果があり、その他にもストレス耐性を高める効果や抗酸化作用があります。

ビタミンCが不足してしまうと、病気への抵抗力が落ち、風邪を始めとした病気にかかりやすくなってしまいます。

ローヤルゼリー以外では、アセロラ、パセリ、煎茶、のりなどにビタミンCは多く含まれています。

ビタミンCの効果

  1. 肌にハリや弾力をもたせる働き
  2. 免疫力を高める
  3. ストレスへの対抗

参考:ビタミン不足が起こす症状や病気まとめ

10種類以上ものビタミンが摂れるローヤルゼリー

上であげたような効果があるビタミンをローヤルゼリーを摂るだけで、補給することができます。

しかもローヤルゼリーに含まれる栄養素は、ビタミンだけに限らずアミノ酸やミネラル、そして特有成分のデセン酸と余すこと無く摂ることが出来るのです。

だからこそ、ローヤルゼリーは多くの人に支持されていますし、健康維持のために飲み続けられているのです。

いま人気のローヤルゼリーサプリはどれ?

ローヤルゼリーに含まれるビタミンは生命活動に必要なもの

ビタミンは身体皮膚を始め、エネルギーの代謝など様々なことに関わりを持っています。

ビタミンの中にもそれぞれの働きがあるのです。

ローヤルゼリーにはこのようなビタミン以外にも必要なアミノ酸やミネラルなど、特有成分のデセン酸など沢山の栄養素が含まれ、さらなる効果が得られるのでしょう。

ローヤルゼリーに含まれるビタミンだけで、代謝アップや抗ストレス、血行の促進や動脈硬化の予防など様々な効果が見込めるのですから、試してみる価値があるのではないでしょうか。