ローヤルゼリーの原産国について、気になりませんか?国産を好む人も多いと思いますが、ローヤルゼリーのほとんどは、輸入にたよっている状態ということをご存知でしょうか?
なぜそのような状態になっているかは、日本の気候を考えると理解できるでしょう。生き物は、秋から冬にかけて活動をセーブすることが多く、ミツバチも例外ではありません。
そのため、季節によって気候の差が激しい日本では、ミツバチの作るローヤルゼリーを大量に採取することが難しいのです。また、土地の少ない日本いおいて、工業化が進み自然が減っているだけでなく、農薬の散布などの様々な影響がローヤルゼリーの生産を難しくしているともいわれています。
そのため、多くのローヤルゼリーは国外で採取されたもので、純粋な国産のローヤルゼリーはごく少ない貴重なものとなっています。 しかし、ローヤルゼリーの消費量は日本が最も多いともいわれているのです。

原産国にはどのような国があるのか

ローヤルゼリーの原産国として、多くを締めるのは中国や台湾です。ついでタイが考えられるでしょう。中にはベトナムやブラジル、ニュージーランド産のものを扱っている場合もありますが、ごく少量と考えられます。
なぜ、中国や台湾原産のものが多くを占めるのかというと、ミツバチの活動に向いている気候が挙げられます。
日本の四季による気候の差とは違い、一年中暖かな気候に恵まれているため、ミツバチが多くの季節働くことが可能です。そのような気候の国では、より多くのローヤルゼリを作り出す条件が整っているということになるでしょう。

日本が輸入するローヤルゼリー

ローヤルゼリーの輸入として1番多く行われているのは中国です。日本で消費されるローヤルゼリーの95%は、輸入されたローヤルゼリーと言われています。
中国産と聞くと良いイメージがわかないかもしれませんが、中国の広大な土地には手つかずの自然が多くあり、蜜源や花粉を摂取するのに向いています。農薬や化学肥料の使用されていない地域も多く残されているということもあるでしょう。ミツバチは農薬や汚染物質にとても弱いため、養蜂に向かない事、またローヤルゼリーの品質にも影響するため、土地の状態は重要です。
中国に恵まれた土地と気候が揃っていることが、ローヤルゼリーの原産国の代表として成り立っている要因でもあり、養蜂についての長い歴史があるということも重要な要素なのです。

原産国によって違いがあるのか

生鮮食品と同じくナマモノでもあるローヤルゼリーが輸入されるということは、衛生管理や輸送にかかる期間などを考慮する必要があると考えられます。
また、管理が行き届いていなければ、良質のものを得ることができません。日本への輸送に時間が掛かる原産国であれば、それだけ鮮度が落ちると考えられますし、それ以外にも、採取時の条件なども考慮すべきでしょう。

ローヤルゼリーの残留農薬と抗生物質

養蜂場の中には、多くのローヤルゼリーを生産するための手段として、花粉の替わりにデンプン類で対応したり、ミツバチの病気を防ぐために抗生物質を使用する養蜂場も現れているともいわれています。また、農薬散布の行われている土地での採取は残留農薬も考えられるでしょう。
このようなことを考慮し、それぞれの検査を行っているかどうかがローヤルゼリーを選ぶ時のポイントと言っても良いでしょう。
多くの場合が中国をはじめとする外国からの輸入と考えられるため、どのようにローヤルゼリーが作られ、採取され、輸送されてきたかが確認されている事が大切なのです。そのためには、養蜂場の管理もしっかりとされていることにも注目する必要があるかもしれません。
また、品質の検査についても徹底しているメーカーのものを選ぶことも大切ですし、生産方法がが確認できるよう情報公開されているとより安心でしょう。

国産だから100%安全とは言えない

通常の食品と同じく、ローヤルゼリーも日本国内の産地のものが安心と考えがちです。しかし、他国の産地の物でも国内の物でも、その管理がしっかりとされていなければ同じような事が起こりうるとも考えられるでしょう。外国が原産国のローヤルゼリーだからこそ、徹底した管理がされている可能性もあるといえます。