ローヤルゼリーの効果は、糖尿病にも効果的という話を耳にしたことはありませんか?
近年、食事の欧米化の影響もあり、血糖値が高めの人や肥満に悩む人が増えています。血液の中にある糖は、エネルギーを体全体に届けるために大切なものではありますが、血液の中の糖の高い状態が続くことで、不調を招くことになります。

糖尿病は身体へ様々な症状をおこし、さらに進むことで合併症を起こしやすい病気です。

糖尿病とは

運動不足や栄養の偏りなどによる生活習慣の乱れが原因となり、血糖値が高い状態になると、インスリンが分泌されにくくなったり正常に作用しなくなります。これにより、さらに血糖値の高い状態が続くことになるのです。このような状態を「2型糖尿病」といい、糖尿病の9割を占めていると言われています。
インスリンは血液の中の糖を代謝する働きがありますが、分泌されたとしても働きが悪くなることで、血糖値が上がった状態が続きます。この状態が、糖尿病のごく初期の段階と言われる、インスリン抵抗性です。糖尿病について一番効果的なのは、この段階で生活習慣を見直し改善していくことと言われています。

糖尿病の予防とローヤルゼリー

糖尿病の予防には、栄養素をバランスよく取ること、インスリンの働きを正常に保つことなどが必要です。また、血液が関わっているため、血管や血液の状態を整えることも大切でしょう。

ローヤルゼリーの糖尿病への働き

ローヤルゼリーには、必要な栄養素がバランスよく含まれます。バランスの良い食生活を日々送ることは大切ですが、継続することはとても大変なことでもあります。そのバランスを補うためにも、ローヤルゼリーは役立ちます。

血流促進

糖尿病の初期段階であるインスリン抵抗性は、症状が進行することで血管の収縮を促します。ローヤルゼリーにはこの収縮を抑える働きがあると言われています。
糖尿病が原因で起こる心筋梗塞や脳出血もあると考えると、必要な効果でもあるでしょう。

インスリンを作り出すのに必要な栄養素

インスリンはすい臓で分泌されます。インスリンを作るために必要な栄養素にビタミンB6があり、ローヤルゼリーに多く含まれるため、すい臓の働きを助けるでしょう。

インスリンと同じ働き

ローヤルゼリーにしか含まれることのない成分に、デセン酸がありますが、この成分がインスリンと同じような働きを持っているとも言われています。また、血中の等の代謝を正常におこなう働きも期待できます。

ローヤルゼリーと同時にプロポリスの摂取もオススメ

ローヤルゼリーには、糖尿病予防のための働きかけの作用があると考えられますが、同じミツバチが作るプロポリスにも糖尿病予防の効果があると言われています。ローヤルゼリーとプロポリスは根本的には全く違うもので、その作用にも違いがあります。プロポリスは、ローヤルゼリーにはない角度からの働きかけが可能でしょう。
そのため、共に摂取することでより糖尿病の予防に効果的とも考えられます。

予防することが大切

糖尿病が進むことで、手足のしびれや人工透析が必要な状態になること、また失明の可能性も考えられます。そうなる前に、予防することが重要ということです。病状が悪化すれば、辛い食事制限をしなければならない上に薬物治療が必要になるでしょう。そのような状態になる前に防止することが最善の方法と考えられます。
ローヤルゼリーは薬ではないため、糖尿病を治す効果はありません。しかし、研究が続けられる中で、実際に摂取後の血糖値が低下していることが報告されています。
また、健康な体作りや栄養素の補給、ローヤルゼリー特有の成分の摂取を継続的におこなうことは、糖尿病の予防になると考えられます。
まだ糖尿病ではないから大丈夫、と考えずに、先に手を打っておくことも大切ことでしょう。