ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉と分泌物を使い作る物質です。女王蜂のための食べ物で、活動を円滑に行うため、また女王蜂の体を大きく育て、強い生命力を与えるために必要不可欠なものです。
自然界に存在するものですから他の食品と同様に扱われることが多く、ローヤルゼリーが販売される場所から考えても、医薬品として置かれてはおらず、ほとんどの場合サプリメントなどの健康食品の一種として扱われているでしょう。

医薬品とは

医薬品とは、身体の疾患を診断し、治療や予防するために使用する薬品のことを言います。病院で医師から処方される薬や、薬局で買うことのできる風邪薬や鎮痛剤などのことです。疾病に対する有効成分が配合されているため、用法や用量をしっかり守ることが鉄則です。
また、医薬部外品は医薬品ではなく、効果効能が認められた成分が含まれるもの。その対象は決められているものの、病気、怪我を治療するものではなく、予防として利用されるものです。誰にでも効果があると言うものではなく、効果が期待できるという判断がされているものです。

ローヤルゼリーと医薬品との違い

医薬品は病状に対する効果が高い反面、副作用が現れるかの可能性もあります。また、幾つかの薬を同時に飲む場合にも飲み合わせに危険がないか考える必要があります。
ローヤルゼリーは医薬品という扱いはされていないため、特に考える必要はありません。また、医薬品のような副作用があるというものではないでしょう。
気をつける必要があるのはアレルギーの問題で、その点についてはどのようなものにも考えられる影響と言え、ローヤルゼリー特有のものではありません。

ローヤルゼリーにも摂取する時の注意点がある

ローヤルゼリーは医薬品ではないため、飲み合わせで危険が伴うというものではありませんが、摂取時の注意点は考えれるでしょう。空腹時に摂取することで胃への不快感を感じる場合があり、下痢を起こす可能性もあるため注意が必要です。
さらに、珈琲やお茶に含まれるタンニンや糖分との相性が悪く、ローヤルゼリーに含まれる成分の吸収を妨げることがあるため避けることをオススメします。
また、喘息や食品アレルギーを持っている人、蜂アレルギーの場合には摂取を避けた方が良いといわれています。

医薬品に含まれている場合も

ローヤルゼリーは健康食品として販売されることがほとんどではありますが、ローヤルゼリーの中にも一部には厚生労働省の認可を受けた製品もあるのです。このような場合には、用法を守り服用することが必要でしょう。特に肉体疲労や、滋養強壮、栄養障害などに適用されていることが多く、中には医師の処方によるものもあります。
また、機能性食品とも言われているローヤルゼリーは、医薬品と健康食品の中間のものという考え方もあるようです。効能といえるものが多いことから、ローヤルゼリーは医学的な研究が少しずつ進められています。様々な効果がわかってきているため、研究が進むにつれ期待できる効果が増える可能性もあるでしょう。
いずれにしても、医薬品に含まれる場合があることを考えると、ローヤルゼリーの効果は医薬品に近いものがあると考えてもよいのではないでしょうか。

ローヤルゼリーと医薬品との相性

基本的には、健康食品として扱われるローヤルゼリーは悪影響があるとは考えられませんが、血液凝固阻止剤と言われる「ワルファリンカリウム」を服用している場合にはローヤルゼリーの摂取で作用を強めてしまう可能性があるため、避ける必要があるでしょう。
その他、特別な薬を服用している場合や病気の種類によっては影響があることも考えられますので、そのような場合には医師へ相談することをオススメします。

ローヤルゼリーを選ぶ時

医薬品ではないローヤルゼリーの製品は、たくさんの種類があり効果も様々でしょう。そのため、必要なのはローヤルゼリーの品質を見極めることです。効果を期待し摂取するのであれば、その選び方を間違えれば納得行く効果が得られない可能性があります。
ローヤルゼリーの品質は様々なものがあり、原料によっては栄養素の含まれる値に違いが出てくると考えられます。また、国内が原産のものは少ないこともあり、抗生物質や残留農薬などの検査や品質管理をしっかりしている製品を選ぶようにするとしょう。

ローヤルゼリーで不調の予防と健康維持を

医薬品として扱われることのないローヤルゼリーも、その効果は期待できます。緩やかではあるものの、医薬品のように副作用の危険性はほとんどないため、場合によっては安心とも言えます。
また、健康維持のために病気の予防をすることは大切です。身体への負担が少なく健康的な生活を送ることができるのは、魅力的な要素でもあるでしょう。
理由の分からない体調の不良は、誰にでも起こりうることです。特に忙しい毎日を送る人にとって、健康維持を徹底するのは難しい場合があると考えられます。そのような場合にも、ローヤルゼリーはオススメと言えるでしょう。必要以上に医薬品に頼る必要が減らせる可能性もありえるでしょう。