健康に良いと言われるローヤルゼリー。その効果の高さから、妊婦・妊娠中の摂取が可能かどうかを考えてしまうこともあるでしょう。

健康食品は通常の食品よりもさらに効果を狙っての摂取をしますから、その分身体への影響が良くも悪くも気になるところでしょう。

特に、妊娠中は自分の身体だけでなくお腹の中の赤ちゃんへの影響も気になるところ。
一部には問題ないといわれる場合もあるようです。

栄養素を摂取する手段としても有効なローヤルゼリーは、本当に妊婦さんやお腹の赤ちゃんへの影響は全くないのでしょうか?

ローヤルゼリーの研究はまだ不十分なため妊娠中や授乳中は避けよう

ローヤルゼリーは、喘息や食品アレルギーを持っている人は避けるようにと言われますが、妊娠中や授乳期間にも同じことを言われることが多くあります。

ローヤルゼリーのサプリメントには、妊娠中は避けるように、もしくは医師に相談の上使用と表記されているものがあります。

なぜなら、ローヤルゼリーの研究は未だすべてが解明されているわけではないためです。
ローヤルゼリーは、完全に安全性が認められたとは言えない段階でもあるのです。

妊娠中にローヤルゼリーを避けるべき理由

妊娠中の体は通常よりも敏感になっていると考えられること、また、体質が変わる可能性もありアレルギーはないと判断した上でそれまで利用していた人の中にも、今までとは違う影響が起こる可能性は完全に否定できません。

また、妊娠中はホルモンバランスも変化します。

そのため、それまで普通にローヤルゼリーの摂取をしていた人であっても注意が必要ですし、さらに、それまで飲んだことがない妊婦さんが飲むことは100%の安全の保証ができないため、避けるべきだと考えられているのです。

妊婦さんの役割

妊婦さんは赤ちゃんへ栄養を送り届ける役目もあるため、身体に良い物や、多くの栄養素を摂っておきたいと考えるかもしれません。実際ローヤルゼリーは、多くの栄養素がバランスよく含まれています。

しかし、先ほど説明したようにローヤルゼリーの研究は現時点で不十分なため、摂取することでどんなリスクがあるか分かりません。。。

そこで妊娠中や授乳中はローヤルゼリーやプロポリスではなく、違うサプリメントを摂取しましょう。

特に妊娠初期におすすめなのが、葉酸サプリです。
葉酸サプリは医師が妊娠初期や妊娠を望んでいる「妊活中」の人に必ずおすすめするサプリメントで、多くのメーカーから販売されています。

現在の葉酸サプリは栄養素「葉酸」だけでなく、「ピニトール」や「マカ」など多くの必要栄養素を含んでいるのが特徴です。

ただ、妊娠したいと考えている女性、男性にはローヤルゼリーの摂取がオススメです。

ローヤルゼリーは不妊対策として効果を発揮してくれます。

妊娠したい、赤ちゃんが欲しいという夫婦は、ぜひローヤルゼリーを飲みましょう。

>不妊におすすめのローヤルゼリーサプリメント

話は戻りますが、葉酸サプリの現時点でのオススメは、「ベジママ」です。

妊婦さんやお母さんに必要な栄養素を本当によく考えて作られています。

特に海外では常識となっているピニトールの栄養素が含まれている葉酸サプリはこのベジママだけ。

>葉酸サプリのおすすめ『ベジママ』の詳細はこちら

妊娠中もローヤルゼリーを飲み続けたいなら必ず医師へ相談

もしも、妊娠前にローヤルゼリーを飲んでいたため続けて飲みたいと感じるのであれば、かかりつけの医師に相談してから判断をしましょう。

妊婦さんがローヤルゼリーの摂取を続け、問題なく出産をした例もあるとは言われていますが、未知のリスクを考えれば、妊娠中は摂取しないことを選択肢も残しておくべきかもしれません。

ローヤルゼリーは出産後の体調管理に

ローヤルゼリーはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、アミノ酸と豊富な栄養が含まれています。さらに、ローヤルゼリー特有成分のデセン酸は、エストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをするといわれているため、女性の体調管理にオススメです。

出産後は疲労もたまりやすく、また育児中は体力を消耗する上、忙しく、自分の食事に気を使うことが難しくなることが考えられます。

またホルモンバランスを崩しがちでもありますし、精神的にも不安定になりやすい時期でもあります。

ローヤルゼリーは、そのような時の体調管理に利用してみると良いでしょう。ローヤルゼリーの成分は、不安感や疲労を軽減する作用があるとも言われています。

>ローヤルゼリーの効果・効能について

飲んでも問題ないかわからないという場合や、産後の体調で気になることがある人、医師へ相談してから考えてみるのも良いでしょう。

また、出産後でも、授乳期には摂取を控えるべきでしょう。