ローヤルゼリーは健康維持のために役に立つ健康食品です。風邪薬などとは違い、細かく決められた量を摂取しなければならないというわけではありません。しかし、基本的には成人で1日500mg~3000mgといわれ、体格や体質、体調などを考慮し、必要に応じてこの範囲内で分量を決めると良いでしょう。

摂取量の目安は守る

ローヤルゼリーも他の健康食品や栄養素と同じく、一度にたくさんの量を摂ったからといって、すぐに効果を感じられるわけではありません。むしろ、身体への負担になる可能性があることを覚えておきましょう。また、どのような健康食品でも必要以上の栄養素は体外に排出されるか、不必要に蓄積されることで悪影響が起こる可能性がありります。場合によってはアレルギー症状が表れる可能性も考えられるでしょう。。

ローヤルゼリーの摂取量は臨機応変に

決まった量を毎日摂取するのも良いですが、その日の体調や身体の様子によって量を変えてみるのも良いでしょう。特にローヤルゼリーは滋養強壮効果がありますから、疲れを感じたり食事が思うように取れなかった場合にも調整してみても良いかもしれません。

摂取量の調整

初めて飲むときにはごく少量からはじめ、様子を見ながら増やしていくと、自分に最適な量が見つかるでしょう。

ローヤルゼリーは、摂取量だけでなく継続する事が大切

ローヤルゼリーは、飲んだその日に効果を感じられるようなものではありません。食事と同じく、毎日必要な栄養素を摂っていくことで少しずつ身体が変化し、効果を感じられるというものです。

摂取の決まりは明記されないことも

特に説明書に明記する決まりはないことから、1日何錠、何mgまでという記述がないこともあります。摂取量には個人差があると考えられるため、個人で必要量を調整すると良いでしょう。目安となる摂取量に大きな差があるのもそのためと言えます。
胃腸の弱い人にとっては、一度に摂る摂取量が多ければ負担をかける可能性もあります。自分の身体を観察し、調整をしていくことが上手な使い方でしょう。

生ローヤルゼリーの分量が重要

ローヤルゼリーには生ローヤルゼリー、乾燥タイプ、サプリメントとありますが、タイプ別にローヤルゼリーの含有量が変わってきます。
成分表に表記されている配合量は、生ローヤルゼリーの分量表示になっていることが考えられ、サプリメントなどの調整ローヤルゼリーは、原料として使われている生ローヤルゼリーの量を考える必要があります。
生ローヤルゼリーが含まれる量によって成分も変わり、効果に差が出ると考えられますから、確認する必要があるでしょう。
生ローヤルゼリーに換算し、目安料に当てはめ摂取量を確認することが大切です。そのためには、配合されている量がわかりやすいものを手に入れる事をオススメします。
さらに、摂取する時の目安として大切なのがデセン酸の含有量です。デセン酸の量によってローヤルゼリーの品質が決められています。多くの効果が、このデセン酸が含まれるために起こるとも考えられ、またこの成分はローヤルゼリー以外にはありません。

ローヤルゼリーは摂取量以上に質が大切

ローヤルゼリーは、全て同じではありません。デセン酸の量だけでなく採取された時の状況や、その後の加工段階でもその品質は変わってきます。血糖値の調整や血中コレステロールを抑える働き、また美肌やアンチエイジング効果、それだけでなく更年期障害など多くの効果が期待できると言われているローヤルゼリーも、その品質次第で効果が得られるかどうかに差が出ることになります。
そのため、ローヤルゼリーの製品選びは慎重にするべきでしょう。
また、継続することで効果を感じることができると考えられるため、苦痛なく、出来る限り手軽に摂取できることも選ぶ時の基準になるでしょう。
もちろん品質の良い生ローヤルゼリーであれば効果的と考えられますが、生ローヤルゼリーは保存方法が面倒な上に、クセのある味や匂いで続けにくい可能性もあります。このような理由からオススメなのはサプリメントと言えるでしょう。
総合的に考えて始めやすいのは、山田養蜂場のローヤルゼリーキングです。製品管理や加工法、しっかりとした検査基準など、全てにおいてクリアしていると言っても良いのではないでしょうか。
製品をより知るために、必要なことやメーカーサイドの考え方など、ホームページでも確認できる上に、少量のサンプルも扱っているので、試してみることも可能です。