更年期障害への効果

ローヤルゼリーは、女性の健康に効果的という印象を持っている人も多いでしょう。実際女性に喜ばれる効果が期待できます。

それは女性の辛い悩み『更年期障害』です。
ローヤルゼリーは更年期障害の辛い症状を和らげる効果があります。

更年期障害は、40代から60代頃の女性の多くの人が悩む可能性のある症状です。

加齢により卵巣機能が低下することで、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が滞り、ホルモンバランスが乱れ、女性の身体だけでなく心へも影響を及ぼします。

また、ホルモンバランスだけでなく、ストレスや元々持った性格などの影響も考えられます。

女性の約8割が症状を感じているという調査報告があるほどですから、年齢を重ねた女性のほとんどに往々にして起こる病気とも言えるでしょう。

このように、身体の内部で自然に起こる更年期の不調が、ローヤルゼリーで改善する可能性があると言われているのは、何故なのでしょうか。

更年期障害の症状

  • 突然のほてりやのぼせ
  • イライラ、不安感、憂うつ感
  • 肩こりや頭痛
  • めまいや耳鳴り
  • 疲労・倦怠感

更年期障害で身体へ起こる症状としては、めまいや動悸、ほてり、不眠や疲労感など様々。

また、精神的な影響としては、イライラや情緒不安定、不安感など、理由がわからず余計にストレスを貯める可能性も高いです。

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸が更年期障害には効果的

ローヤルゼリーにしか含まれないと言われている成分、デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをすると言われています。不足した女性ホルモンを補う作用があります。

また、自律神経とホルモンバランスを整えることで、更年期障害の症状を緩和することが可能と言われています。

さらに、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは神経伝達物質と言われ、自律神経のバランスを整えます

それだけでなく、ローヤルゼリーに豊富に含まれるアミノ酸が、女性ホルモンの分泌を助けます

このようにローヤルゼリーには多く栄養素が含まれ、それぞれに活躍してくれます。
ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促しますし、この成分が不足することで、ホルモンバランスが崩れるとも言われています。ビタミンとアミノ酸を同時に摂取することで相乗効果も見込めるのです。

ローヤルゼリーは必須アミノ酸を全て含み、非必須アミノ酸、ミネラル、ビタミンも豊富なため、下垂体へ作用し女性ホルモンの分泌を促します。

ローヤルゼリーでストレス緩和とリラックス

更年期の原因となる女性ホルモンの分泌は、ストレスを溜めないことや、適度な運動を心がけること、リラックスできる環境を作ることで熟睡することができ、促されます。

ストレス解消やリラックス効果を得ることもできるローヤルゼリーはその手伝いをしてくれます。

自律神経と更年期障害

日常生活の中でストレスはつきものですが、更年期障害に成り得る時期の女性には、社会的なストレス以外にも家庭内の問題や自分自身の問題など、多くのストレスがかかる可能性が高いです。

また、この時期の女性は心身への影響を受けやすく、より症状が起こりやすいのです。

更年期障害の症状の悪化には自律神経が深く関わり、特にほてりや動悸など、自分の意志に関係なく症状が起こります。自律神経には交感神経、副交感神経があり、更年期障害はこのバランスが崩れることで症状を伴います。

特に、興奮状態を作る交感神経が優位になり過ぎることでの不眠を訴える人が多いと言われています。

更年期に自律神経の乱れが起こる理由に、女性ホルモンの分泌が低下することに関係があるといえるでしょう。

また、更年期の不安やうつなどの症状が、より自律神経の調節がしにくい状態にすることも考えられます。そして、自律神経の乱れがさらに更年期障害を重症にします。

それぞれの効果が更年期の不快な症状を緩和する

ローヤルゼリーの成分には、自立神経を整える効果、女性ホルモンの調整と、両方からのアプローチが可能と考えられ、色々な角度から改善する効果を期待できると考えられます。

デセン酸の含有量で決まるローヤルゼリーの品質

ローヤルゼリーの特有成分「デセン酸」はローヤルゼリーの品質を決める目安にもなっています。

デセン酸が規定の量含まれていなければ、ローヤルゼリーと名乗ってはいけないという決まりもあります。そのため、ローヤルゼリーを選ぶときには、デセン酸の含有量をチェックすることができると安心です。特に更年期障害への働きかけを期待しての摂取には、デセン酸の働きは大切な要素です。

安心して利用できるのは、山田養蜂場のローヤルゼリーキングでしょう。

しっかりとした製品管理はもちろんのこと、原産国からの輸入の多いローヤルゼリーは必ず検査が必要ですが、山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、製品化されるまでの検査も繰り返ししっかりとされています。

効果を期待するのであれば、品質を確かめてから選ぶことが必要不可欠です。品質の低い物を摂取するよりも効果があることは間違いないでしょう。

逆に、品質を気にせずに利用することで効果をえられない可能性があることを覚えておきましょう。