更年期障害への効果

「身体が急に思うように動かなくなった…しかも老けて見える」
「イライラを筆頭に精神状態がなにかおかしい」

これって更年期障害の症状?

女性特有の悩みとされている『更年期障害』
どうにか更年期障害の症状を緩和したい!と調べていると「ローヤルゼリーは更年期障害の辛い症状を和らげる効果がある」という情報を見たことがあると思います。

結論からいうと、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸が更年期障害の治療・対策に効果的なのです。
その他にも効果があるとされる治療法に「漢方薬」「ホルモン治療」「プラセンタ」が挙げられます。

更年期障害の症状とは

更年期障害で困っている女性に

更年期障害は、40代から60代頃の女性の多くの人が悩む可能性のある症状です。

加齢により卵巣機能が低下することで、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が滞り、ホルモンバランスが乱れ、女性の身体だけでなく心へも影響を及ぼします。

また、ホルモンバランスだけでなく、ストレスや元々持った性格などの影響も考えられます。

女性の約8割が症状を感じているという調査報告があるほどですから、年齢を重ねた女性のほとんどの方に往々にして起こる病気とも言えるでしょう。

  • 突然のほてりやのぼせ
  • イライラ、不安感、憂うつ感
  • 肩こりや頭痛
  • めまいや耳鳴り
  • 疲労・倦怠感

更年期障害で身体へ起こる症状としては、めまいや動悸、ほてり、不眠や疲労感など様々。

また、精神的な影響としては、イライラや情緒不安定、不安感など、理由がわからず余計にストレスを貯める可能性も高いです。

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸が更年期障害には効果的

ローヤルゼリーにしか含まれないと言われている成分、デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをすると言われています。不足した女性ホルモンを補う作用があります。

また、自律神経とホルモンバランスを整えることで、更年期障害の症状を緩和することが可能と言われています。

さらに、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは神経伝達物質と言われ、自律神経のバランスを整えます

それだけでなく、ローヤルゼリーに豊富に含まれるアミノ酸が、女性ホルモンの分泌を助けます

このようにローヤルゼリーには多く栄養素が含まれ、それぞれに活躍してくれます。
ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促しますし、この成分が不足することで、ホルモンバランスが崩れるとも言われています。ビタミンとアミノ酸を同時に摂取することで相乗効果も見込めるのです。

ローヤルゼリーは必須アミノ酸を全て含み、非必須アミノ酸、ミネラル、ビタミンも豊富なため、下垂体へ作用し女性ホルモンの分泌を促します。

Twitterでのローヤルゼリーの評判

ツイッターで更年期障害についてつぶやいている生の声をまとめてみました。

今日堂薬局でも更年期障害にはローヤルゼリーをおすすめしています。

「命の母」は小林製薬から出ている更年期障害用の市販薬です。この方は命の母とローヤルゼリーの両方の服用が更年期障害を治すのに効いたと言っています。

他にもプラセンタとの併用をしている人もいました。

ツイッターで生の声を見ていると「ローヤルゼリー」と何かもう一つを飲んでいる方が多かったです。
割合で言うと命の母、プラセンタ、漢方となっています。

最後にもう一つ口コミを共有したいと思います。

これだけ効果があったという意見を見るとベストな組み合わせは「ローヤルゼリー」と「命の母」かと思います。

更年期障害の対策にオススメしたい組み合わせの値段

ローヤルゼリーは大体ですが、6000~7000円ほど1ヶ月あたりかかります。
命の母は、5週間分で3000円弱となっています。

合わせると月10000万円ほど・・・
意外と高く付きますね。

なので、当サイトで更年期障害の症状で悩んでいる人にオススメしたいのは、まず基本となるローヤルゼリーサプリを1ヶ月摂ってみること。
1ヶ月飲んで、何かしらの改善が見られなかったら、命の母も買って併用してみましょう。

>ローヤルゼリーサプリのおすすめ商品はこちら(人気ランキング)

ローヤルゼリーでストレス緩和とリラックス

更年期の原因となる女性ホルモンの分泌は、ストレスを溜めないことや、適度な運動を心がけること、リラックスできる環境を作ることで熟睡することができ、促されます。

ストレス解消やリラックス効果を得ることもできるローヤルゼリーはその手伝いをしてくれます。

自律神経と更年期障害

日常生活の中でストレスはつきものですが、更年期障害に成り得る時期の女性には、社会的なストレス以外にも家庭内の問題や自分自身の問題など、多くのストレスがかかる可能性が高いです。

また、この時期の女性は心身への影響を受けやすく、より症状が起こりやすいのです。

更年期障害の症状の悪化には自律神経が深く関わり、特にほてりや動悸など、自分の意志に関係なく症状が起こります。自律神経には交感神経、副交感神経があり、更年期障害はこのバランスが崩れることで症状を伴います。

特に、興奮状態を作る交感神経が優位になり過ぎることでの不眠を訴える人が多いと言われています。

更年期に自律神経の乱れが起こる理由に、女性ホルモンの分泌が低下することに関係があるといえるでしょう。

また、更年期の不安やうつなどの症状が、より自律神経の調節がしにくい状態にすることも考えられます。そして、自律神経の乱れがさらに更年期障害を重症にします。

それぞれの効果が更年期の不快な症状を緩和する

ローヤルゼリーの成分には、自立神経を整える効果、女性ホルモンの調整と、両方からのアプローチが可能と考えられ、色々な角度から改善する効果を期待できると考えられます。

デセン酸の含有量で決まるローヤルゼリーの品質

ローヤルゼリーの特有成分「デセン酸」はローヤルゼリーの品質を決める目安にもなっています。

デセン酸が規定の量含まれていなければ、ローヤルゼリーと名乗ってはいけないという決まりもあります。そのため、ローヤルゼリーを選ぶときには、デセン酸の含有量をチェックすることができると安心です。特に更年期障害への働きかけを期待しての摂取には、デセン酸の働きは大切な要素です。

安心して利用できるのは、山田養蜂場のローヤルゼリーキングでしょう。

しっかりとした製品管理はもちろんのこと、原産国からの輸入の多いローヤルゼリーは必ず検査が必要ですが、山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、製品化されるまでの検査も繰り返ししっかりとされています。

効果を期待するのであれば、品質を確かめてから選ぶことが必要不可欠です。品質の低い物を摂取するよりも効果があることは間違いないでしょう。

逆に、品質を気にせずに利用することで効果をえられない可能性があることを覚えておきましょう。

>デセン酸量でローヤルゼリーを比較

ローヤルゼリー以外に更年期障害へ効果がある方法

更年期障害へのローヤルゼリーの効果について紹介してきましたが、ローヤルゼリー以外で効果がある治療方法はあるのでしょうか?

漢方薬

更年期障害には漢方薬

漢方薬のメリットは、自然由来なので副作用の心配が少ないという点です。

自然に生えている木の実や根っこ、葉っぱが漢方薬の原料として使用されています。

更年期障害に効果的な漢方薬は5つあります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 大切な栄養素を身体の隅々まで行き届けるのに効果があります。血行促進、冷え性、生理不順、貧血、体力虚弱が主な効果です。
加味逍遥散(かみしょうようさん) 自律神経の乱れやイライラ、のぼせに効果があります。肩こり、精神不安、いらだち、不眠症が主な効果です。
桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん) 下半身への血行促進に効果があります。下半身の冷え性、生理痛の改善、シミやあざ、頭痛、めまいへの効果が主です。
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) のどのつっかえ感や違和感に効果があります。咳払い、喉に異変を感じる方、胃のむかつき、胃炎、吐き気、ふさぎがちな気分への効果が主です。
温清飲(うんせいいん) 肌の乾燥・カサカサや月経困難に効果があります。また更年期障害の症状全般への効果があります。その他にも神経症や肌の色・ツヤへの効果が主です。

漢方薬はローヤルゼリーと同じように飲んですぐに効果を実感する!というものではありません。
その為短くても1ヶ月はきちんと飲みたいところです。

ホルモン治療

更年期障害にはホルモン補充療法

更年期障害への治療で有名なのがこのホルモン補充療法(HRT)です。

女性ホルモンのエストロゲンが減少するのをゆるやかにするために行う治療法です。飲み薬や貼り薬、塗り薬が日本では認可されており、健康保険の適用が受けれます。

ただし、このホルモン補充療法は副作用がありそのリスクは十分理解しておく必要があります。

ホルモン補充療法のリスクとしては、子宮がんや下腹部の痛み、乳のハリ、不正出血といったものが代表的です。

乳がんについては、一時期騒がれましたが、検証し直した結果そのリスクは限りなく低いという結果がでています。

更年期障害へ大変効果がある治療法ですが、きちんと副作用のリスクをお医者さんと相談して決めて下さい。

プラセンタ

更年期障害にはプラセンタ

プラセンタとは哺乳類の胎盤エキスを指します。

ただ更年期障害に効果があるプラセンタはヒト胎盤を原料としたものです。

ヒト由来のプラセンタを週1,2回ほど注射し更年期障害の改善を目指します。(1回あたり2000円ほど)

その他にはサプリメントも効果的です。
サプリの場合はヒト由来は市販されていませんので、豚か馬の胎盤を使用したものになります。
良質なものはプラセンタ注射と同等の効果があり、注射と違い手軽に試せることから人気となっています。

市販のプラセンタでおすすめなのは母の滴という馬プラセンタサプリになります。
良質にこだわった商品開発が口コミでも評判を博しています。

男性も他人事ではない更年期障害

男性更年期障害の症状

更年期障害の症状といえば女性だけ!と思い込んでいる方が結構いますが、実は男性も男性ホルモンの減少により更年期障害があります。
日本の潜在患者数は600万人にのぼると言われています。

主な症状は下記です。

  • 集中力の低下
  • ED(性欲減退)
  • 無気力
  • 不眠症
  • 不安感、精神不安定
  • イライラ

女性と違いわかりにくい症状が多いのが男性版更年期障害の特徴です。

最近どうも調子がおかしいと感じた方は、更年期障害の可能性を考えてみましょう。

男性更年期障害の治療法

男性版の更年期障害の症状への治療法は女性と同じです。

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬
  • 抗うつ薬
  • バイアグラ

この4つが多く行われている治療方法になります。

普段の食事を気を付けると男性ホルモン テストステロンを増やせる

男性ホルモンのテストステロンを増やす効果ある食材を列挙しますので、それらを積極的に食事に取り入れましょう。

  • 山芋
  • ネギ類(にんにく、玉ねぎ、ネギ)
  • にんじん
  • アボカド

女性だけでなく男性も更年期を元気に過ごすために様々な対策をうっておきましょう!