生ローヤルゼリーを飲みやすくする方法-min

生ローヤルゼリーの摂取で悩むのが、クセのある味と刺激。

サプリメントのような調整ローヤルゼリーと違い、飲むときに嫌なおもいをしますよね。

そんな生ローヤルゼリーを飲みやすくするために効果的な方法はどのようなものがあるでしょうか。

生ローヤルゼリーは混ぜて飲む

生ローヤルゼリーをそのままでは飲めない人にとって、飲みやすくする方法を見つけることは大切なことです。

毎日飲むことが苦痛になってしまえば、継続して飲むこと出来なくなります。
生ローヤルゼリーは様々な飲み物と混ぜて飲むことが可能ですが、一緒にとることで一部の栄養の吸収を妨げる可能性があるため気をつける必要があります。

また逆に、相性の良い飲み物もあるため、次のどれかを試してみると良いでしょう。

  1. ヨーグルト
  2. 柑橘系のジュース
  3. 乳酸菌飲料

オススメはヨーグルトと混ぜる

生ローヤルゼリーとヨーグルトの相性は良いと言われています。

ヨーグルトの風味で飲みやすくなるのはもちろん、ヨーグルトの乳酸菌と一緒に飲むことで、腸内環境が整いやすくなります。

効果的に摂取するためには、ヨーグルトの選び方も気を使うことでしょう。菌が腸内までしっかり届くものを選ぶことをオススメします。

  1. 小岩井生乳 100%ヨーグルト
  2. 九州乳業 腸までとどくN-1マイルドヨーグルト
  3. グリコ ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)シリーズ

ジュースなどの飲物と混ぜる

生ローヤルゼリーにはコラーゲンの生成を促す成分が含まれるため、ビタミンCと合わせて飲むことで相乗効果が得られます。

そのため、柑橘系のジュースに混ぜて飲むこともおすすめでしょう。

しかし、ジュースの糖分は体調管理には向かないため、頻度には気を付ける必要があります。
ジュース以外にも、乳酸菌飲料に混ぜることで飲みやすくなります。

摂取時の注意点

  1. 糖分はビタミンB1の吸収を妨げる
  2. カフェイン・タンニンは鉄分の吸収を妨げる
  3. 温度で成分が壊される

ローヤルゼリーと糖分を一緒にとることで、ビタミンB1の吸収を妨げる可能性があります。

しかしハチミツとの相性は良いとは言われていますし、飲みやすくなります。ただし多くの糖分と一緒に摂ることは避ける事をオススメします。

カフェインやタンニンと一緒に摂ることで、ローヤルゼリーに含まれる鉄分の吸収が妨げられる可能性があるため、コーヒーや紅茶と混ぜて飲むのは避けましょう。

また、ローヤルゼリーの成分は、温度によって成分が破壊されてしあうと考えられるため、常温または冷たい飲み物と一緒に飲むようにします。
これは、生ローヤルゼリーだけでなくサプリメントタイプでも同じ事が言えます。

混ぜないで飲みやすくする方法

ローヤルゼリーは冷凍保存されている場合が多いですが、商品購入の際にも冷凍されている場合はそのまま冷凍保存をし、解凍せずにシャーベット状の生ローヤルゼリーを摂取する方法もオススメでしょう。

参考:生ローヤルゼリーの飲み方

生ローヤルゼリー以外もおすすめ

生ローヤルゼリーの摂取は1番栄養素を摂りやすいため、そういった意味ではオススメといえます。

独特の苦さや味もいろいろな飲みやすくなる方法を試し、自分に合った方法を見つけられれば継続しやすくなるでしょう。

試してみても、なかなか飲みやすくならない場合にはサプリメントの調整ローヤルゼリーを選ぶこともおすすめです。
水さえあればすぐに飲めるため、苦になりませんし、味もしません。

しっかりと栄養素が含まれている品質のよいサプリを選べば、ローヤルゼリーの効果もそれほど大差はありません。

生ローヤルゼリーでもサプリタイプのローヤルゼリーでも同じことがいえますが、その製品の品質を見極めることが大切だということを忘れないようにしましょう。

飲み方も大切ですが、ローヤルゼリーの選び方を間違えれば、得られる効果も得られないことになります。

参考:ローヤルゼリーの選び方

ローヤルゼリーサプリタイプの人気ランキング