Propolis(以下プロポリスと表記)はラテン語のpro(前)とギリシャ語のpolis(都市)の造語で、敵から巣を守ると言う意味があります。
プロポリスは健康食品として知られていますが、本来はミツバチが自分たちの巣を守るために体内から分泌する粘着性の物質のことで、日本では蜂ヤニとも呼ばれています。
ミツバチは巣の隙間等に強力な殺菌力があるプロポリスを塗り付けて、巣をより頑強で衛生的な環境に整え、敵やウィルス等の細菌から巣自体とその中に存在しているコミュニティを守っています。

ここでは健康に有益と言われるプロポリスについて詳しく見て行きましょう。

プロポリスの製造方法

プロポリスは色々な工夫や優れた特質により、巣を守り繁殖を成功させています。
ミツバチの働きバチが植物の新芽や樹木の樹脂等を集め、蝋分泌腺から分泌した蜜蝋と
混ぜ合わせて生成されます。
ローヤルゼリーもミツバチの体内で生成される健康食品ですが、製造方法・成分・効能等はプロポリスとは異なります。

プロポリスの材料

プロポリスはミツバチが自然の素材を集めて生成しますが、材料の選択にも深い意味があるのです。

新芽パワー

植物は種子に凝縮された栄養素を十分に吸収して新芽を出すと、成長を促進する植物ホルモンが生成されてどんどん大きく育ちます。つまり植物の新芽には栄養のパワーとエネルギーがたくさん詰まっており、その成分がプロポリスにも反映されているのです。

樹木樹脂の自己防衛、強力な殺菌力

樹木から出るヤニが主に天然の樹脂と呼ばれている物で、傷ついた樹木を細菌から守るため、強い殺菌作用や抗酸化作用の成分が含まれています。
ミツバチたちはプロポリスの材料として樹脂を利用することにより、巣への細菌の混入や繁殖を防いで、無菌状態に保つことを可能にしているのです。
 
巣の内部は温かく湿度も高いためミツバチには適している一方で細菌等も繁殖しやすく、プロポリスの殺菌効果にはミツバチの本能的な知恵が活かされているのです。

プロポリスの成分

健康食品として人気のプロポリスにはどのような成分が含まれているのでしょうか。
プロポリスは古代ギリシャ時代に切り傷や皮膚病、ウィルス性の感染症の薬として使われていた記録があり、先人の知恵をうかがい知ることが出来ます。

プロポリスは樹木が傷ついた時に傷口からの細菌を防ぐ目的で発する『桂皮酸誘導体』と呼ばれる物質を中心に構成されています。主な成分としてはフラボノイド、他にアルテピリンC、バッカリンが多く含まれており、これらは悪性腫瘍の治療分野で注目されている物質でもあります。
他の含有成分にはミネラル類、ビタミン類がありプロポリスは栄養的にも優れています。

強力成分が集結、プロポリスのチカラとは?

健康食品として幅広い年代の方に利用されていますが、プロポリスの成分には注目すべきパワーが凝縮されていることが解明されて来ています。
 

ウィルスへの強い抵抗力

 強力な殺菌力があり、風邪・インフルエンザ(A型)・結膜炎・ウィルス性肝炎(A型・B型・C型)等の感染症・ウィルス性の炎症等に効果があると認識されています。

フラボノイドの悪性腫瘍への抵抗作用

西洋でプロポリスは古代ギリシャ時代から傷の治療に利用された記録があるようで、近年では悪性腫瘍に対する研究が進み、プロポリス含有成分の悪性腫瘍に対する抵抗作用についても解明されて来ました。

悪性腫瘍は遺伝説もありますが、主として活性酸素が増加することで細胞が傷つき遺伝子異常となり引き起こされる病気です。
抗酸化作用があるプロポリスの主成分フラボノイド(ポリフェノールの一種)には、悪性腫瘍への抵抗作用が認められたケースもあります。
栄養素の面ではポリフェノールの他にβカロチン・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンC等がガンの縮小消失や進行を抑制する効果が認められています。

フラボノイド(桂皮酸誘導体)

プロポリスの主成分であるフラボノイドは、植物が含有する色素や苦み等の味覚成分でありポリフェノールの一種です。
フラボノイドの主な効能には悪性腫瘍の予防と抑制、細菌やウィルスへの強力な抵抗力があります。

アルテピリンC・バッカリン(桂皮酸誘導体)

特にブラジル産プロポリスに多く含まれているアルテピリンCやバッカリンと言う成分にも殺菌作用や悪性腫瘍への抵抗作用があり、期待されている物質でもあります。

アンチエイジング

加齢と共に抗酸化力が低下して活性酸素が細胞を傷つけ、体の酸化によりガンや心臓病、老化が進行すると考えられています。プロポリスには抗酸化作用があり、アンチエイジングの働きや病気の予防に効果があることが解明されています。

健康面でも美容の面でも嬉しい効果です。

生活習慣を正して健康に

プロポリスには不規則な食事や生活習慣により崩れてしまった体のリズムを調節する働きがあります。しかしもちろん毎日規則正しい食事や生活を心がけることは重要です。

その他の体への影響

古代ギリシャからプロポリスが皮膚や傷等に支障が出た場合、広く利用されて来たように、現在でも体調を整えるために取り入れられています。

アレルギー体質に期待感?

近年様々なアレルギーで悩む方が増加の傾向にあります。

喘息や花粉症の持病がある方の場合、ローヤルゼリーの摂取がアレルギー反応を引き起こす危険があり、摂取を控えるように指示されています。
一方、プロポリスの場合はアレルギー体質を和らげるケースがあるようです。但し個人差がありますので、初めは少量から試して反応を確かめてから本格的に使用することが重要です。

春と秋、花粉症に悩む方の場合

近年花粉症で悩む方が多く、その理由として免疫力の低下も指摘されています。

通常花粉を鼻から吸収しても特に問題はないのですが、免疫力の低下に伴い抵抗力が落ちている場合は、花粉を異物と認識して過剰に反応して起こります。
特徴としては目のかゆみ、鼻がぐずぐずする、くしゃみが出る等です。

一般的には春のスギ花粉が拡散される時期、花粉症で悩む方が多く見られますが、秋にも花粉症で悩む方が見受けられます。特にブタクサの他イネ科やキク科の植物にアレルギー反応が出る場合が多く見られます。

プロポリスの成分には目のかゆみを緩和したり、鼻炎の予防、スギ花粉症の場合は発症を遅らせること等が解明されて来ました。

アトピー性皮膚炎

アレルギーの中でも食物と深い関係が指摘されていて完治が難しいアトピー性皮膚炎は、かゆみが強く皮膚を掻いた後の腫れ、掻き過ぎて皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。
かゆみにより不眠が続くとメンタルにも影響が出て軽いうつ状態になることもあります。
アトピーの原因として、強いストレスを受けて発症する大人もいますので、メンタルの健康にも配慮が必要です。
アトピー性皮膚炎の患者がプロポリスを摂取した場合、かゆみや皮膚の状態が良くなった等、プロポリスの成分が体調を整えることにつながったケースもあります。

以上ここまでプロポリスの特色と体への影響について見て来ました。
プロポリスは古代から人々に親しまれてきたことが分かっており、自然が保有するパワーと先人の知恵も含めて、天然成分の素晴らしさが解明され、現代に於いても病に悩む人々に好影響を与えています。
自分の体が発するサインを見逃さず、日々健康に配慮することが大切です。

季節の変わり目による心身へのストレスや、年齢を重ねることで体力や筋力、免疫力の低下に伴い様々な病気で悩むことがあります。
今から心身を健康に保つために食事や生活習慣を見直してみることも大切でしょう。
健康とは幸せの原点と言えるのではないでしょうか。
プロポリスは自然に体調を健康へと導いてくれる、理想的な健康食品です。